ブログトップ

行き先はSHANTI

<   2018年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

帰国物語② アースガーデン夏6月30日7月1日

昨日も言いましたが、ネパールの首都、カトマンズから東京に戻ってきてます。

もう一度いいますが、今週末の6月30日と7月1日の代々木公園アースガーデン

今年も、Shanti Riot 日本のシーズン幕開けです。


2018年6月30日(土)〜7月1日(日)※雨天決行

アースガーデン夏

30日(土)10:00〜20:00(※私の出店は17:00まで)

1日(日)10:00〜17:00

東京都渋谷区 代々木公園 イベント広場・ケヤキ並木


今年は無駄に疲れるカトマンズから東京への帰路だったので、前回のブログでその話をしました。


簡単にいうと、カトマンズから中国の昆明までは乗れたけど、そこからの乗り継ぎ便に乗れず、

チケットも変更できず、空港で買い直すとバカ高いので、オンラインで買おうとしたものの、

中国のネット環境の制限のため、右往左往、りおピンチ!というところまで書きました。


帰国物語① アースガーデン夏6月30日7月1


中国では、グーグルも、ヤフーメールも使えないということが判明。

オンラインでチケットを買おうにも、とりつくしまがない。

涙目で訴える私を、さすがにかわいそうに思った空港スタッフの若い男子が、

ちょっと待ってくださいといって小走りで去り、すぐに、

やっぱりミレニアル世代の女の子の空港スタッフを連れてきた。

彼女は明らかに英語がうまい。


「私がお手伝いします!」何してくれるかわからないけど天使に見えた。


そして、


自分のスマホを取り出し、

中国の航空券予約サイトのアプリを使い、


彼女個人の中国のメールアドレスと、

彼女個人の中国の携帯電話番号と、

彼女個人の中国の住所を使って、


私の日本のクレジットカードで、もちろん私の名前で、昆明から羽田までのチケット予約を試みてくれたのだ。


もういろいろどうでもよくなってた私は、もうバンコク経由(かなりの遠回り)でもいいよ!

くらいにすぐ予約しちゃいそうだったんだけど、


このかわいいかわいいミレニアル女子(3割増しくらいで超かわいく見えている)は、


「待って待ってこっちのほうが安い!」


といろいろ調べてくれて、格闘すること30分あまり。

中国語なので全部おまかせするしかない。

しかも私の日本のクレジットカードが使えず、ああもうだめかと思った矢先、

3回目のトライでクレジットカードでの支払いに成功!


なんでそれまで支払いができなかったのか、ここはいまだに謎なんだけど、

もうそんなのどうでもいいよね、

支払い完了のときは、

やったー!と二人で小躍りして小ジャンプ。

ああ、知らない人と共有するこの達成感。


ごめんね私、もう少しで中国を嫌いになりそうになっていた。

人口13億人以上いる国を、たかだか半日の数人との関わりで嫌いになるなんてもってのほか

と自分をなだめていたけど、もう少しで、おまえなんか嫌いだ中国、

になりそうだったよ、あなたがいてくれてよかったよ

中国のミレニアル世代はほぼほぼ一人っ子だから、全員が甘やかされている!

とか一刀両断していた私を許して。まあ実際そういうところはあるけどさ、いやもとい、

一人っ子への偏見も、中国への偏見も、全部返還する!


くらい感激した私。


「ああよかった、こんなことしたの私も初めてです!よかったですね!!

もう、もう行かなきゃ11時から仕事が!グッドラック!」


何、勤務時間外だったの??

ああ、あなたのお母さんは素晴らしい娘さんをお持ちですね、

とか母の目になっちゃったよ。


そして彼女の中国メールアドレスにきたEチケットを写真に撮り、

それを使って私は昆明→香港経由で羽田まで帰れることになったのだった。

420ドルくらい。痛いけど、1000ドル(以上!)よりいいよね。


やれやれ一安心。


昆明空港にトータル15時間くらいいて、飽きてきたころ、

やっとのことで、放心状態で昆明→香港のフライトのチェックインカウンターへ。


ここで落とし穴が。


もともと持っていたチケットの中国東方航空は、46kgまでチェックイン可能だったんだけど

新しく買い直したキャセードラゴン航空は、30kgまでしかチェックインできなかったのだ。

幸い、33キロくらいしか持っていなかったので、事情を話して、なんとか機内持ち込みに詰め込んで許してもらった。


ほっとしてセキュリティに向かおうとしたら、チェックインカウンターの男の子が、

とてもすまなそうに私を呼び止めた。

「あのー念のため言っておくんですが、香港からは香港エアーといって違う航空会社なんです。

チェックインの荷物は、チケットに含まれていません。

すごい高くなっちゃうかも」


ここで、放心状態だった私は、さすがに彼を二度見してしまう。


「え?」


二度見された彼は、全く悪くないんだけど、まるで自分が怒られているような顔をしていた。

買い直したこのチケットの予約は、空港スタッフのミレミアル女子が、中国語で全部やってくれて、

疲れ切っていた私は、いちいち詳細を確認してなかったのだけど、

要するに、同じチケットで、途中までは30kgまでチエックインできて、

途中から、手荷物のみ、になってるのだ。

安い訳だ。どーしろっていうのだ途中まで持ってった30kg。香港で誰かにあげる訳?


「もういいや、払えば預けられるんでしょ?」

「ええ、払えば。香港で再びチェックインが必要です」

「じゃあ払う、払えば持っていけるのね」


と、半分やけになって、再び放心状態に戻ってよろよろとセキュリティに向かう私。

ここでショールとスカーフを忘れてくる。もうあとの祭り。


そして、昆明から香港まで乗ったあと、再び香港でのチェックイン。

がんばってつめかえても、チェックイン荷物は25kg。

事情を説明して、チェックインの荷物代は払うけど、大目に見てね、とお願いする。


「いや、フライトをミスったのは私のミスなんだけど

うちの父親が死にかけてて(本当)

明後日は彼のたぶん最後の誕生日で(本当)、

私はなんとでもそれまでに帰りたい(切実)けどもうすでにすごいお金使ってて、

どうにかして助けてくれないか(切実)」


再び余計な説明をして、父の話なんか関係ないよなこの場合、

とフライングしてしまった自分が恥ずかしくなる。


そしたらチェックインカウンターのこれまたミレニアル女子、

ちらりと私の機内持ち込み荷物のバックパックに目をやる。

すでに明らかにサイズオーバー。


「じゃ、もう少しがんばってこっちに移せば20kgの料金でいいですよ」


ほんとに?この機内持ち込み、すでに超でっかいんですけど。

それからもう、巻きつけられる布は、私にもバッグにも全て巻きつけ、

どうにかして21kg。結局、20kg料金の51ドルですんだ。

チェックインのミレニアル女子、私の巨大な機内持ち込みからは目をそらし、

笑顔でボーディングパスを手渡してくれた。


さすがに、こんなにでかい機内持ち込みで飛んだことはなかった。重かった。


次の日朝の4時半に羽田着。当初の予定の12時間後。

実家で出迎えてくれた母、8ヶ月ぶりの再会に、開口一番

「あんた、どこの浮浪児かと思った!」

40過ぎて浮浪児もないよ、おかえりとかないの、と思って鏡を見たら、雑巾みたいな自分がいた。


そしてほっとする間もなく、父の入院している病院にほぼ直行。

もう2ヶ月入院していて、その日の朝、転院することに決まっていた。

病室に行ったら、ほとんど動けなくなってしまった父が、

小さい目を精一杯開けて、私の名前を呼んだ。


「おかえり」


父、帰ってきたよ、長かったの今回。

とてもとても会いたかったけど、いやー余計にうれしいよ。


勝手にひとりで、母を訪ねて三千里、のマルコと化す私。

いや、たったの12時間遅れただけですけどね。疲労がピークに達してからが、長かった。


という訳で、帰ってきてます。

今年は父病気のため、ちょっと違う夏になりそうです。

健康は宝。


今週末はアースガーデン出店。会いにきてください。

元気な皆さんにお会いできますように。


d0132132_15492911.jpg

ラピスラズリの原石と蓮のリング。ラブラドライトがアクセント。




[PR]
by shantiriot | 2018-06-26 15:53

帰国物語① アースガーデン夏6月30日7月1日

ネパールの首都、カトマンズから東京に戻ってきてます。

今週末の6月30日と7月1日の代々木公園アースガーデン

今年も、Shanti Riot 日本のシーズン幕開けです。雨降らないみたい。ほ。


2018年6月30日(土)〜7月1日(日)※雨天決行

30日(土)10:00〜20:00、1日(日)10:00〜17:00

東京都渋谷区 代々木公園 イベント広場・ケヤキ並木


カトマンズから東京には、毎年戻ってきてるんだけど

今回は、不必要に長くて不必要にめんどくさい道のりだった。


いや、誰のせいにもできないんですけどね。

なんと、人生で初めて、フライトをミスるというミスを犯してしまった。


カトマンズ→昆明(中国・雲南地方の入り口ね)→上海→羽田


という、もとから乗り換えがめんどくさい、

でも往復で約500ドル(!)という超格安チケットでスタートしたんだけど。


カトマンズから昆明まではすんなり行ったの。行ったのだけど

昆明から上海行きに乗れなかったのだ。


カトマンズから昆明空港に夜遅く着いて、朝早く出発するフライトだったので、

空港内で寝ちゃえばいいやと思ってたんだけど、期待していたスペースが閉鎖になっていた。


ああホテルとっておけばよかったでも今からだと行って一時間寝て戻ってくることになっちゃうし、

と、結局空港でウトウトして起きたら、出発一時間前だったのであわてて

チェックインカウンターに向かう。


そしたらなんと、


「申し訳ありませんがもう搭乗は締め切りました。5分遅かったね」


「?!!!???」


国内線なのに、なんと、出発時間の45分前に搭乗を締め切ってしまったのだ。


恐るべし、中国東方航空。


「いや、でもまだ飛行機はそこに!!」


「申し訳ありませんがもう搭乗は締め切りました。5分遅かったね。あっちでチケット変更して」


すでにロボット化している、チェックインカウンターの中国人の女性の顔は、鉄仮面のようだった。


「あ、これはゴネても絶対ダメなパターンだな」

と瞬時に判断した私は、これはさっさと次の策を練ったほうがいいと、

チケット変更のカウンターに走る。


そしたら、チケット変更カウンターの女性、私のチケットを調べて一言


「TICKET NO CHANGE」

「?!!!???」


「あなたのチケットは特別だから、変更不可。買ったところに電話しなさい」


「いや、ネットで買ったから電話番号わからないのと、調べるにも

私は中国の携帯電話番号を持っていないから、そもそも空港のWiFiが使えないし!」

(空港のWiFiを使うには、中国の携帯電話番号での認証が必要)


どうにかならないのか、

いやどうにもならないし、


と押し問答が続き、カウンターの女性はため息をついて

コンピューターで何やらカタカタやりだして、何か前進か?と思いきや


「アナータノーーチケットハーーヘンコーウ スルコートーガーー」


おかしなイントネーションで一瞬わからなかったのだけど、彼女は日本語を発音しようとしていた。


自動翻訳で日本語にして返事をしようとしている!!


言語の壁がある故に起きている問題ではない!

だいたい変更できないってことはもう何回も言われてるわけで。


“ English NO PROBLEM!”


と私に言い切られて困惑した彼女は、

「とにかくチケット買いなおさないと無理だから、ハイあっちのカウンターにね」と

困惑した、それでも鉄仮面の顏で空港の奥を指差す。


しょうがないので、そのカウンターに行って、

今日帰りたいんだけど、昆明から東京まではいくらかかるのかと聞いてみた。

中国の通貨の元で言われてもピンとこないので、米ドルだといくらなの?と聞いたら。

「1000ドル以上」

と言われて、さすがにもう膝から崩れてしまいたくなった。

繰り返すが、カトマンズから東京の往復で500ドルちょっとのチケットなのである。


フライトをミスったことは初めてだったけど、

いろいろ、「これはさすがにやばい」というシチュエーションは今までにもあった。

あるでしょみんなも、旅人じゃなくても、人生いろいろよね。


そういう時は、一瞬しゃがんで大泣きしたくなるんだけど、

人は強いもんで、「ここでしゃがんで大泣きしても、誰もどうにもしてくれないし、物事は1ミリも前進しない」

という事に、けっこうさっさと気づく。そして割とシャンとするのだ。


私も1000ドル以上と言われた2秒後には、インフォメーションカウンターに行って

事情を話してスマホをWiFi接続してもらうことに成功。


さあこれであとはさっさとオンラインでチケット予約すればオッケーよ!

のはずが、


中国のインターネットを甘くみていた。


単にWiFiが遅いだけだと思って、格闘すること1時間。

メールも見られず、検索もできず、やっと予約サイトにアクセスできたと思ったら、

日本のクレジットカードも使えず、日本のオフィスに電話しても(スカイプは使えた)

私のクレジットカードには問題がないとのこと。


そんでまたインフォメーションカウンターに戻ってgmailが使いたいんだけどと訴えたら、

ミレニアル世代の若い男の子が、「ああわかった」と私のスマホを手にとってなんかはじめる。

あ、この世代はこういうのわかる世代だ!頼むよ!と思わず身を乗り出す私。

もうひとりミレニアル男子がやってきてふたりでずいぶんごちゃごちゃやってるんだけど

しまいに、残念そうに、自動翻訳を使って見せた画面には英語でこう書いてあった


「中国では、ウェブサイトによっては禁止されているものがあります」


フェイスブックが使えないのは知ってたんだけど、

グーグルもヤフーメールもだめなんて。

日本のクレジットカードが使えないのもこのためだったのかしら。(そこは謎のまま)


でも、ここで引き下がっても、ここは昆明で、私は東京に帰らねばいけなくて、でも1000ドル(以上!)は払いたくない。


しょうがないので心情に訴え始める私。


「いや、フライトをミスったのは私のミスなんだけど

うちの父親が死にかけてて(本当)

明後日は彼のたぶん最後の誕生日で(本当)、私はなんとしてもそれまでに帰りたい(切実)

どうにかして助けてくれないか(超切実)」


たぶんここでうっすら涙目になっていたんだろうなあ。

私のスマホをいじっていたインフォメーションカウンターのミレニアム男子が

本当に「かわいそうだなあ」という顔をして、ちょっと待ってくださいと言い残して去っていった。


ちなみに、父親入院のため今年は10日ほど早く帰国。制作が10日間短くなるのはかなり大きくて、

カトマンズを出る時点で、私は父のことで翻弄された感情と疲労と睡眠不足ですでにボロボロになっていた。


涙目にもなるわそりゃ。


思い出したら興奮して長くなりすぎてしまったので次に続く。

あ、今週末は代々木公園で出店ですよ。

d0132132_10315711.jpg
モルダバイトに、葉っぱがカービングされています。てんとう虫つき。
[PR]
by shantiriot | 2018-06-25 10:39 | Shanti Riotジュエリー関連

RIO :天然石とシルバーの一点もの中心のジュエリーブランドShanti Riotのデザイナー。インドネパールを中心に旅しつつ制作しつつ、まったりとエキサイティングな日々を送っています。Home is where your heart is.
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30