ブログトップ

行き先はSHANTI

不覚なギフト。(いや、今度こそ出発するよ)

そもそもの予定では、とっくにネパールに着いて、
ヒマラヤで深呼吸してるはずが
なぜか東京にいます。
インドビザが降りるのが遅れ、
まさかのチケットキャンセルしての、買い直し。

今年は、1月になかよしの若い友達が亡くなって、
4月に父が倒れ、7月に看取ることになり、
同時期に、私のいる、インドのゴア関係の友人が
それぞれ別件で3人(!)も亡くなり
自分のがんばりでは、どうにもこうにもならない試練が
立て続けに起こり、正直がっつんがっつんやられまくった年だった。

追い討ちをかけるように、出発直前に兄の病気が発覚してまたもや動揺。
ああ今年は今までで一番日本を出発しにくいなあ、
でも私が一週間とか一ヶ月とか日本にいたからって
どうなるものでもないもんなあ、
と後ろ髪をひかれていたら、
案の定、動揺ついでにビザ申請の記入間違えで
出発が数日延びることに。

ようやく、明日ネパールに向けて出発。インドビザも無事おりた。

こうなったら、予期せずあいた時間で、
あきらめてたイベントに遊びに行ったり、ついでに、
あきらめてたお墓まいり行ってくることにした。
ちょっと遠いので、どんなにがんばっても半日強かかる。
今年の夏の、父の四十九日は、私たち家族が渋滞に巻き込まれて遅刻、
時間が押して焦ってる坊さんに、大急ぎでお経をあげてもらって
大急ぎで会食へ。お墓の前でしみじみするとか皆無だったので、
あらためてしみじみしに行こうと思ってたのだけど、
時間がないままに出発で
残念だなと思ってたのだ。

パーキンソン病と10年近くつきあった父。
二ヶ月半の点滴のみの入院の末、
最後は生命維持装置を全て外して家に帰ってきてた。
リビングの真ん中に介護ベッドがどーんと置かれ、
全てにおいて介護が必要だった。
完全絶食で、水もなしで15日生きた。
家に帰ってきてから、終始、おだやかな顔をしていた。
生涯を通じて病院勤務、おまけに長いパーキンソン病歴、
チューブをとって、家に帰ってくることが何を意味するか、
全て理解していたと思う。

家に帰って来る前、病院で、父にいきなり、

「ちゃんと、最後まで見届けてね。」と言われたことがあった。

「何を?」と聞き返すと、目をあけて、まっすぐに私を見て、はっきり答えた。

「ぼくを。」

一瞬絶句したけど、こんなに全部をわかってる人に、
来るべき死を否定するほうが酷だと思ったので、
思い切り顔を近づけてものすごいはっきり言ってみた。

「ご心配なくっ!!!ちゃーーーんと私が責任持って見届けてあげるからね、
まかせといて!だいじょうぶ!」

そしたら、父はものすごーーくほっとした顔をした。

入院してから、あまり話せなくなっていたので、表情とか全体の雰囲気から
何を伝えたいか読み取る感覚が、たぶん私もするどくなってたんだろうな。

家に帰ってきた父は、ますます話せなくなっていったけど
なんだか幸せそうな顔だった。

合唱団に属していた父。
合唱団関係のお見舞いの方がうちに見えたとき、
「なんか聞きたい曲ありますか?」と聞かれて
父が、「千の風になって」と言ったので
ユーチューブでかけてみた。

ああそういえば父が合唱団で歌ってたかもねこれ。
私は日本のメジャーな歌謡曲にほんと疎くて、
これも全くどうとは思ってなくて
朗々と歌い上げる感じも髪型も大げさでなんだかなぐらいに思ってた。
つまり、歌詞に注目したこととかなかった。

この曲は、
「私のお墓の前で泣かないでください」
で始まるのだということに初めてこの時気づいた。
風になったり鳥になったり、とにかくお墓にはいないからね、
でも見守ってるからね、という歌、ということは
きっと日本全国の多くの人々は知ってるんだろうけどね

今まさに死に向かっている父親に聞かされたので、
不覚にもちょっとぐっときてしまい

「いやーこれどうなのよーこの状況でこんなベタな選曲!
リアクションに困るじゃん!」
と、死にゆく父に思わずつっこんだら、
父も「ぐっときている」顔をしていた。
その場にいた全員がぐっときて、しばらく言葉を失った。
それから一週間くらいしてかな、亡くなったのは。
本当に、ろうそくの炎がだんだん小さくなるように、眠りについた。
できすぎの看取りだと思った。

父が亡くなって今週で4ヶ月。
それ以来聞いていなかったその歌を
墓地に誰もいなかったのをいいことに。
お墓の前でちょっとかけてみた。

墓の前で泣くな、という歌を聞きながら
まんまと墓の前で、私は鼻を3回かむくらい、ひとりでおいおい泣いてしまった。

ああ、やっと泣けるようになったんだなあ。

亡くなったときは、泣きたくてもなかなか泣けなかった。
葬式で、やたら元気な遺族が、参列者の涙を誘う、という構図がよくわかった。
一緒にいる人を信頼してないから泣けない、とかそんなんじゃないのである。
タイミングを勝手に逃した感があった。
わんわん泣けたら楽なのに、と思っても、わんわんのタイミングがそうそうこない。

亡くなった直後より、あとでじわじわくる、というのが最近よくわかる。

泣かせてくれてありがとう。
まだまだ泣きたりないので、
どこかで号泣ライブ行きたいなあ。

わんわん泣きながらでも前に進めるんだね。
だいじょうぶ、生きてる人も死んでる人も、
私には、強い味方がたくさんいる。

お墓の前で泣くな、と言っておきながら、
ちょっと墓参りしてほしかったのかね、
まあしょうがないわ、不本意だけどトラブルのおかげで来られた訳だし、
これもギフトと思うことにする。

という訳で、明日出発です。今度こそ、ネパール行ってきます。

私は元気です。ありがとう。

↓これをかけてみた。

d0132132_22003097.jpg
父が書いた「海」。誰でも入れるように、何々家の墓、にしたくなかったらしい。















[PR]
# by shantiriot | 2018-11-12 22:04 | 日々のつぶやきもろもろ

出国物語

本来ならば、日本出発は昨日でした。
しかーし、なぜかまだ東京にいる私。

日本からはまずネパールに行って、そこから月末にインドへ。
日本を出発する前にインドビザを取っておいたほうが、
あとで何かとジタバタするのを防げるので、

日本出発ギリギリのタイミングで、インドビザを取得するのですが、

そんでもってビザ申請は、申請書は自分で記入して、
申請は代行会社に任せるのですが、

金曜出発だというのに、月曜に代行会社から電話かかってくる。

なんと「パスポートの発行年の記入間違い」で、
インド大使館からビザ申請書が突っ返されて
ここからまた申請し直しだよ、とのこと。

ああ、またいやな心臓ドキドキが始まる。

しかも、ビザが降りるのは、金曜夕方。
本来ならば、私はもう日本にはいないはず。
しかし、ビザ申請してる途中で日本を出る訳にはもちろんいかず
なぜならパスポートはインド大使館に提出されてるからね。
そんでもって、今週はインドのヒンズー教徒最大のお祭り ディワリ。
日本の正月みたいなもんだ、何もかもストップする感じは。
そう、大使館、木曜日がおやすみなんだそうだ。
だから、ビザが出るのはちょいずれて金曜、それも夕方。

ここは抗ってもらちがあかないので、
平静を装い、「じゃあ土曜にフライトを変更するので、金曜にビザが発行されしだい
御社に直接とりに伺います」と言って代行会社との電話を切る。

フライト変更は、
航空会社じゃなくて、予約したオンライン旅行会社に掛け合わなくちゃいけない。
もともと、航空会社都合によるフライト時間の変更があったので、
数週間前から、このオンライン旅行会社とやりとりしてたんだけど(詳細つまんないので略)

今度は、私都合でフライト変更しなきゃいけなくなって、
何度も電話するはめに。ギリシャに本社があるみたい
まずオペレーターにつなぐまでそりゃあ時間がかかり、
毎回違うオペレーターで、毎回同じ話をしないと通じない。
おまけに途中で電話切れたりね、
そしてまた掛け直すと延々待たされるとかね。
もう本題に入る前にいらっとくる精神修行に欠かせないシチュエーションだったんだけど、

3回目の電話で、やっと、金曜から土曜にフライト変更する手続きにはいる。

「うーん、土曜は、席があるけど差額が高いかもですね。」
「いくらですか?」
「1800ドル」

「ええええ?????」
「そうですね、高いですね」

もともと、東京⇄ カトマンズの往復で 500ドルくらいだった激安チケットである。
それがどうして片道だけ買おうとすると2000ドル近くなるんだ。
航空会社の企みってこわい。

「って、キャンセルして買い直したほうが、絶対安くない?」
「そうですね」
「じゃあもうキャンセルしてください」

「。。。あ、ちょっと待って!土曜は高いけど、次の火曜まで待てば差額も300ドル代!」
「じゃそれで!今すぐカードで支払えます!」

で、支払ったのはいいんだけど(どちらにしろ超くやしいけどさ)

旅行会社からすぐに連絡がくる。
「あなた、カトマンズから東京に来るフライト、全行程乗ってませんね」
「ええ、半分ミスりました。でもそれはもうあなたの会社には数週間前に伝えてある」

「全行程乗ってないひとにはそのあとのフライト変更は不可です」

何そのペナルティ!しかも今更!
出発前の忙しい時に、少なくとも二時間は、
この問題と取り組むことに費やされてしまった。
フライトを変えられないなら変えられないで始めから言ってくれよ

全然、君(旅行会社のオペレーター)には関係ないけど
大変だったんだよ今年の夏、日本に帰国するの。→帰国物語
もっと関係ないけどさ、そのあとも父を看取ったりしてね、
今年の夏すっごい大変だったの。
せめてスムーズに旅立たせてくれよ。

心の声は大騒ぎしていても、さすがにそこを持ち出しても意味がないので
落ち着いてクレームを訴える。謝るどころかスルーするオペレーター。
この人の一存ではどーにもならんのだ。
毎回違うオペレーターで、毎回同じ話(超長い)をしないと通じない。
話が通じてないのは、毎回同じ話をしてないカスタマーが悪いのだ。そうなん??

中略

そんで結局、なんと、もともとのチケットをキャンセルして、
新たにチケットを買い直すことに。
そんな訳で、今日出発はままならず、
まさかの来週13日火曜の出発です。

往復ともに、チケット買い直すことになるとは思わなかった。

インドビザ申請は、まさかの「パスポート発行年の記入間違い」
という凡ミスだったということに
若干自分落ちする。
インドのビザは、ものすごく細かく見られるので
細心の注意で記入しなければいけないので、いちいち緊張する。

ビザ申請の直前、兄の病気が発覚した。
いろんな思いがごちゃごちゃめぐり、
目の前にある食器を、5分くらい探してしまったり、
コーヒーフィルターなしでコーヒーをいれそうになったり
どこか心ここにあらずの状態。

申請書を書きながら、
「やばいなあ、このメンタルで申請書を書いたら、
どっかでミスるなあ。」

と思ってたら案の定。
往復の格安チケット、
行きも帰りも買い直しで、3倍もかかっちゃったよ。

こんな時もある。

今年は、11月のネパール滞在を数日のばして
カトマンズを脱出して山に行ってこようと思ったんだけどな
ちょっと難しいかもなあ。

時間がなくてあきらめていたお墓参りして行こうかな。
行けないはずだった友達のイベントにも行けることになったし。

いろいろあった夏だけど
何はともあれ風邪ひとつひくことなく過ごせて

元気です。

いろいろトラブったときには、
とりあえず自分は元気だということを思い出すようにしている。
そこがあればなんとかなるのだ。足るを知る足るを知る。

自分が元気でいなければ、誰も支えてあげられない。
心も体もメンテして、元気に過ごそうと思います。
ただただ、がんばります!だけだと持たないのはわかってるので
ヘルプが必要な時は SOSを出すことも含めて、メンテしなきゃね。

私はいろんなひとに支えられてるんだなあ
どこにいても。いろんな形で支えてくれるひとがいる。
毎年言ってるけど
年々感謝モードが上がっていく、って素晴らしいことだ。

ありがとう。

来週からネパールです。

出国物語、一話ですみますように。


d0132132_08415192.jpg
深大寺植物公園のバラフェスティバルには毎年行ってる。
食べる以外の五感があっという間に刺激されて一気にテンションがあがる。ああ薔薇酔い。





[PR]
# by shantiriot | 2018-11-10 08:46 | 日々のつぶやきもろもろ

Shanti Riot 日本シーズン2018 秋。松本→いわき湯本→名古屋→東京・谷中→代々木公園アースガーデン

こんにちは、Shanti RiotのRioです。

長野県の松本のヤマベボッサは台風一過してから風が爽やかすぎて洗濯物も飛びまくり。
台風は、ボッサも揺れて、4時間停電したけど大丈夫。

ボッサ、さすが、「災害に強い暮らし」を念頭において東京から松本に引っ越しただけのことはある。
ソーラー発電で、夕ご飯を楽しく囲んむくらいの光は確保。
小二の看板息子はヘッドライトでさっさと宿題を終わらせる。
ガス冷蔵庫を出動させようとやっきになってるところに電気がもどってきた。
ものすごい風が吹き荒れるなか、その日はさっさと寝た寝た。

しかし、西のほうはすごいことになっている!被災した方々に心よりお見舞い申し上げます。
と書いてるそばから北海道の大地震。まだ余談を許しません。もう勘弁してくれ地球。
d0132132_21220450.jpeg

例年のように、雨にもやられて風にもやられてる私ですが、元気に、偏った日本ツアー続けています。
長野県松本市 ヤマベボッサにて、9月8日(土)まで開催中です。
日本シーズンもあっという間に終わりそう。
今月初めて名古屋でも出展しますよ。
11月10日にネパールに出発予定です。
日本にいるうちにつかまえてね。


9月4日(火)〜8日(土)長野県松本市 ヤマベボッサ

9月14日(金)〜17日(月)福島県いわき湯本 クオーレ

9月19日( 水)〜22日(土)愛知県名古屋 トライバルアーツ

10月5日(金)〜23日(火)東京・谷中 コーツトカフェ

10月27日(土)28日(日)東京・代々木公園 アースガーデン秋


d0132132_21392921.jpg
蓮と雲のリング サンストーンとミャンマールビー シルバー





[PR]
# by shantiriot | 2018-09-06 13:58 | Shanti Riotジュエリー関連

佐渡島から戻りました。まだまだ充電中。

佐渡島から戻りました。
佐渡島のアースセレブレーションは、
太鼓芸能集団の鼓童の主催するまつり。
鼓童の拠点である佐渡島で毎夏開催されてます。
ジュエリーを作り始める前から遊びに来てたのが、
マーケット出店で来るようになってもう10年はたつかなあ。
今年、3年ぶりにもどってきました。

大好きだった、城山公園という丘の上でのコンサートがなくなってしまい、お祭りが縮小されてしまったことで
なんだか盛り下がってここ3年行かなくなってたんだけど、
どうしても、ふつふつと佐渡ロスがわいてきて、今年はとりあえず行ってみることにした。

大正解。しみじみ、戻ってきてよかった。

佐渡島に前日入りしたときは、新潟から佐渡へのフェリーに乗った瞬間大雨に。
フェリーの中は、たぶん船酔いと戦ってるんだろうという人々で静まりかえる。
たまに聞こえる「ああやってしまった」のビニールのガサゴソいう音に
ひっぱられないように必死。あと30分遅かったら私もやばかった。
そんでもって着いても、大雨なので設営どころじゃなく、おまけに気持ち悪さも手伝って半日は何もできず。
やっと雨がやんでも下の地面がゆるいので荷物は広げられず、全ては次の日に。

d0132132_00081194.jpg


次の日からの三日間は、そんな前日を忘れさせてくれるような秋晴れが続き、
佐渡での、数々の悪天候にやられてきた私は、懐疑心すら持ってしまった。
店の屋根がつぶれちゃったり、テントの中が夜中に水浸しになっちゃったり、
なかなか三日間いい天気が続くことはないんだけど、今回は、私の懐疑心をよそに、
さわやかな秋晴れで夜とか寒かったりして、暑さ対策のみしてきた私は、
佐渡で初めて寝袋に入り、チャックまで閉めたのでした。

3年ぶりに佐渡にもどってきた私を、「おかえりなさーい!」と喜んで迎えてくれた人たちがたくさんいて、
いちいち私の佐渡島ハイに拍車がかかる。
佐渡でしか会わないマーケット友達も多いので、そこらへんでも佐渡島ハイが高まる。
明るいうちから夜遅くまで呑んだくれてた私につきあってくださった皆さんありがとう。
何せ出店時間が朝10時から夜10時。ハードなのだ。そんで店閉めてから一杯、とかしちゃうのだ。みんなタフなのだ。
水どころは米どころ、米どころは酒どころなのね、いやあ呑んだ呑んだ。
三日目の晩は、店を閉めて鼓童のスペシャルライブ見に行っちゃったよ、王道の大太鼓のソロにしびれたよ。

d0132132_00092958.jpg

太鼓は、まちがいなく永遠のソウルミュージック。やっぱり屋外で聞きたいよね。店閉めたかいありですよ。
さすがに踊り続けた二時間のあとに再び開店したあとはぐったりだったけど
夜が更けてくると佐渡ハイの波が戻ってくるのはアースセレブレーションマジックね。
そういう訳で、佐渡島は私の地図に戻ってきた感あり。

d0132132_00113568.jpg
ありがとう。また来るよ。

d0132132_00120946.jpg

先月は、父の介護と旅立ちで、エアコン完備の部屋に冷房病もやむをえず引きこもっていたので、
いや、ほんとにそんな貴重な経験をさせていただいたのには、
大好きな父に感謝してもしきれないんだけど、その分、
8月に入ってからの、かたよった日本ツアーがとっても楽しい。
おかえりを言ってくれる人がどこに行ってもいるって、いいなあ。
充電たっぷりしつつ、次の地へと進んでいます。
10月いっぱいは日本にいます。遊びに来てね。

今朝佐渡から東京に帰ったのも束の間、金曜から高知です。

8月24日(金)〜29日(水)高知県高知市 帯屋町商店街 玄米カフェ光の種 (※27日月曜定休日)

9月4日(火)〜8日(土)長野県松本市 ヤマベボッサ

9月14日(金)〜17日(月)福島県いわき湯本 クオーレ

10月5日(金)〜23日(火)東京・谷中 コーツトカフェ
10月28日(土)29日(日)東京・代々木公園 アースガーデン秋
d0132132_00161115.jpg
ナマステ・バタフライ ウバロバイト 
合掌してる小さい人にウバロバイト(ロシア産のガーネット)の羽がついてるペンダント。シルバー



















[PR]
# by shantiriot | 2018-08-22 00:23 | Shanti Riotジュエリー関連

今年も、偏った日本ツアー始まりました。Shanti Riot 夏の予定

危険な猛暑と日々対峙している皆さん、お元気ですか。

猛暑に負け続けているりおです。


7月の17日、父が旅立ちました。

パーキンソン病と向き合って約10年、

2ヶ月半の入院のあと、最後は点滴での栄養を絶って

自宅に戻ってきました。15日間の完全絶食の末、

家族に囲まれて、本当に安らかに眠りにつきました。

私も家族も、そしてもちろん父も、全力投球した感がある。

人ひとりが旅立つってすさまじい大仕事で、

そこに関わらせてもらったことは、なんて光栄なことだろうかと思います。

父の旅立ちに、それはそれはたくさんの学びをもらいました。

子どもの頃は厳しかったけど、大人になってからはいつも応援してくれていた父。

車椅子で東京の個展に来てくれて、お客さんに私や私のジュエリーを褒められて

ほんとに照れくさそうでした。

「お前は人気者でよかったね」としみじみうれしそうだったなあ。

とても、かわいい人でした。私は、父が大好きでした。


父を見送ったことについて近々ちゃんと書きたいなと思っています。


全てのプロセスに立ち会ったのに、まだ実感がわきません。

遺影に普通に話しかけてますが、私は元気です。


そういうわけで、今シーズンはゆっくりスタートですが、

今月からいろいろ動きます。


8月10日(金)~13日(月)

静岡県下田市 Happy Buddha

下田の入田浜ビーチのスムージー屋さんに今年もおじゃまします。

息をのむハイクオリティのスムージーと入田浜の海。

台風一過(予定)の下田に遊びに来てください。


8月17日(金)~19日(日)

佐渡島・アースセレブレーション


8月24日(金)~29日(水)

高知・高知市 カフェ光の種


9月4日(火)〜9日(土)
長野・松本市 山辺ボッサ


9月14日(金)〜17日(月)
福島・いわき湯本 クオーレ

d0132132_21151238.jpg
ピンクトルマリンとグリーントルマリンの、葉っぱリング(シルバー)



[PR]
# by shantiriot | 2018-08-06 21:26

RIO :天然石とシルバーの一点もの中心のジュエリーブランドShanti Riotのデザイナー。インドネパールを中心に旅しつつ制作しつつ、まったりとエキサイティングな日々を送っています。Home is where your heart is.
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31