ブログトップ

行き先はSHANTI

2018年 11月 10日 ( 1 )

出国物語

本来ならば、日本出発は昨日でした。
しかーし、なぜかまだ東京にいる私。

日本からはまずネパールに行って、そこから月末にインドへ。
日本を出発する前にインドビザを取っておいたほうが、
あとで何かとジタバタするのを防げるので、

日本出発ギリギリのタイミングで、インドビザを取得するのですが、

そんでもってビザ申請は、申請書は自分で記入して、
申請は代行会社に任せるのですが、

金曜出発だというのに、月曜に代行会社から電話かかってくる。

なんと「パスポートの発行年の記入間違い」で、
インド大使館からビザ申請書が突っ返されて
ここからまた申請し直しだよ、とのこと。

ああ、またいやな心臓ドキドキが始まる。

しかも、ビザが降りるのは、金曜夕方。
本来ならば、私はもう日本にはいないはず。
しかし、ビザ申請してる途中で日本を出る訳にはもちろんいかず
なぜならパスポートはインド大使館に提出されてるからね。
そんでもって、今週はインドのヒンズー教徒最大のお祭り ディワリ。
日本の正月みたいなもんだ、何もかもストップする感じは。
そう、大使館、木曜日がおやすみなんだそうだ。
だから、ビザが出るのはちょいずれて金曜、それも夕方。

ここは抗ってもらちがあかないので、
平静を装い、「じゃあ土曜にフライトを変更するので、金曜にビザが発行されしだい
御社に直接とりに伺います」と言って代行会社との電話を切る。

フライト変更は、
航空会社じゃなくて、予約したオンライン旅行会社に掛け合わなくちゃいけない。
もともと、航空会社都合によるフライト時間の変更があったので、
数週間前から、このオンライン旅行会社とやりとりしてたんだけど(詳細つまんないので略)

今度は、私都合でフライト変更しなきゃいけなくなって、
何度も電話するはめに。ギリシャに本社があるみたい
まずオペレーターにつなぐまでそりゃあ時間がかかり、
毎回違うオペレーターで、毎回同じ話をしないと通じない。
おまけに途中で電話切れたりね、
そしてまた掛け直すと延々待たされるとかね。
もう本題に入る前にいらっとくる精神修行に欠かせないシチュエーションだったんだけど、

3回目の電話で、やっと、金曜から土曜にフライト変更する手続きにはいる。

「うーん、土曜は、席があるけど差額が高いかもですね。」
「いくらですか?」
「1800ドル」

「ええええ?????」
「そうですね、高いですね」

もともと、東京⇄ カトマンズの往復で 500ドルくらいだった激安チケットである。
それがどうして片道だけ買おうとすると2000ドル近くなるんだ。
航空会社の企みってこわい。

「って、キャンセルして買い直したほうが、絶対安くない?」
「そうですね」
「じゃあもうキャンセルしてください」

「。。。あ、ちょっと待って!土曜は高いけど、次の火曜まで待てば差額も300ドル代!」
「じゃそれで!今すぐカードで支払えます!」

で、支払ったのはいいんだけど(どちらにしろ超くやしいけどさ)

旅行会社からすぐに連絡がくる。
「あなた、カトマンズから東京に来るフライト、全行程乗ってませんね」
「ええ、半分ミスりました。でもそれはもうあなたの会社には数週間前に伝えてある」

「全行程乗ってないひとにはそのあとのフライト変更は不可です」

何そのペナルティ!しかも今更!
出発前の忙しい時に、少なくとも二時間は、
この問題と取り組むことに費やされてしまった。
フライトを変えられないなら変えられないで始めから言ってくれよ

全然、君(旅行会社のオペレーター)には関係ないけど
大変だったんだよ今年の夏、日本に帰国するの。→帰国物語
もっと関係ないけどさ、そのあとも父を看取ったりしてね、
今年の夏すっごい大変だったの。
せめてスムーズに旅立たせてくれよ。

心の声は大騒ぎしていても、さすがにそこを持ち出しても意味がないので
落ち着いてクレームを訴える。謝るどころかスルーするオペレーター。
この人の一存ではどーにもならんのだ。
毎回違うオペレーターで、毎回同じ話(超長い)をしないと通じない。
話が通じてないのは、毎回同じ話をしてないカスタマーが悪いのだ。そうなん??

中略

そんで結局、なんと、もともとのチケットをキャンセルして、
新たにチケットを買い直すことに。
そんな訳で、今日出発はままならず、
まさかの来週13日火曜の出発です。

往復ともに、チケット買い直すことになるとは思わなかった。

インドビザ申請は、まさかの「パスポート発行年の記入間違い」
という凡ミスだったということに
若干自分落ちする。
インドのビザは、ものすごく細かく見られるので
細心の注意で記入しなければいけないので、いちいち緊張する。

ビザ申請の直前、兄の病気が発覚した。
いろんな思いがごちゃごちゃめぐり、
目の前にある食器を、5分くらい探してしまったり、
コーヒーフィルターなしでコーヒーをいれそうになったり
どこか心ここにあらずの状態。

申請書を書きながら、
「やばいなあ、このメンタルで申請書を書いたら、
どっかでミスるなあ。」

と思ってたら案の定。
往復の格安チケット、
行きも帰りも買い直しで、3倍もかかっちゃったよ。

こんな時もある。

今年は、11月のネパール滞在を数日のばして
カトマンズを脱出して山に行ってこようと思ったんだけどな
ちょっと難しいかもなあ。

時間がなくてあきらめていたお墓参りして行こうかな。
行けないはずだった友達のイベントにも行けることになったし。

いろいろあった夏だけど
何はともあれ風邪ひとつひくことなく過ごせて

元気です。

いろいろトラブったときには、
とりあえず自分は元気だということを思い出すようにしている。
そこがあればなんとかなるのだ。足るを知る足るを知る。

自分が元気でいなければ、誰も支えてあげられない。
心も体もメンテして、元気に過ごそうと思います。
ただただ、がんばります!だけだと持たないのはわかってるので
ヘルプが必要な時は SOSを出すことも含めて、メンテしなきゃね。

私はいろんなひとに支えられてるんだなあ
どこにいても。いろんな形で支えてくれるひとがいる。
毎年言ってるけど
年々感謝モードが上がっていく、って素晴らしいことだ。

ありがとう。

来週からネパールです。

出国物語、一話ですみますように。


d0132132_08415192.jpg
深大寺植物公園のバラフェスティバルには毎年行ってる。
食べる以外の五感があっという間に刺激されて一気にテンションがあがる。ああ薔薇酔い。





[PR]
by shantiriot | 2018-11-10 08:46 | 日々のつぶやきもろもろ

RIO :天然石とシルバーの一点もの中心のジュエリーブランドShanti Riotのデザイナー。インドネパールを中心に旅しつつ制作しつつ、まったりとエキサイティングな日々を送っています。Home is where your heart is.
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30