ブログトップ

行き先はSHANTI

カトマンズにて

デリーでネパール行きの電車を乗り過ごした末、
一日遅れで着いたネパール。
一難去ってまた一難、というにはあまりに大きすぎる一難がおきてしまった。

今朝、ジュエリーを作ってもらっている
職人のワイフからの電話で起こされる。
「シルバーが盗まれたからすぐ来て!」

一気に目が覚める。耳を疑う。
ワークショップにいってみると、
途方にくれた職人とその兄弟たちがいた。

3週間前に彼が雇ったワーカーは、
作業所のドアの合鍵を作り
彼のいない夕方一時間を狙って押し入って、
引き出しの鍵を全部こわして、
3kgのシルバーと、石、約11gの金を持って逃げたのだった。
そのうち600gのシルバーが私のものだった。
半年前に頼んだ51ピースは、半分以上できあがっていた。
足りない分のシルバーをつい昨日買い足したばかりだった。

何よりも一番落ちていたのは職人本人で、
かける言葉もないほど落ちている。
取り乱してもしょうがないので
ここは落ち着かねばと思う。

警察に届けたは届けたが、すみやかに捜査をすすめるための
賄賂を要求される始末で、正直あてにならない。

銀はともかく、石まで盗られたのが痛い。
特に私はかわったかたちの石や原石が多いので
石がなくなったからといってほいほいかわりが出せないのだ。
デザインにかかった時間はとほうもない。

ネパールビザは15日間で切れるし、
その後にはゴア行きの列車の切符も予約済み。

ここ2,3日でどれだけすすめられるか、だけど、
しかし、さすがに落ちるなあ。。。。
カトマンズに着いてからは、仕事はまあまあスムーズに
いっていたのに。

今回については私の不注意ではないので、
銀と石に関しては、職人が仕事でペイバックすると言ってくれたけど、
彼らの生活をよくわかっているだけに
今回のロスがどんなに大きいか想像できる。胸が痛い。
でも、チャラにするにはあまりに大きい金額なのは
私にとってもいっしょなのだ。

職人も決して不注意な人ではなく、
いい人を絵に描いたようなとても優しい性格の人で、
彼といっしょに仕事をして二年、
だんだんコミュニケーションもよくなってきたところだったので、
今までになく落ちている彼を見て(そりゃそうだ)
つらくなる。彼が長い作業時間をかけて私の51ピースを
丁寧に半分仕上げたのもよくわかっているけど
なくなってしまったものにお金を払うわけにもいかない。

カトマンズは毎夕3時間くらいパワーカットで電気がありません。
よって石をセレクトするとかデザインするとかは
実質的にその時間はできないわけで、

そういうカルマだったんだよとかいわれても
素直にそうねーといえるほど大人ではない。

これに比べれば、デリーからの電車を乗り過ごしたなんて
かわいいもんに見えてくるわ。

この手の試練は初だなあ。
今日の夜の停電が終わったら
新たに石をひっぱりだしてデザイン開始です。
ふう。
[PR]
by shantiriot | 2008-11-29 20:19 | プロフィール

RIO :天然石とシルバーの一点もの中心のジュエリーブランドShanti Riotのデザイナー。インドネパールを中心に旅しつつ制作しつつ、まったりとエキサイティングな日々を送っています。Home is where your heart is.
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30