行き先はSHANTI

会いたかったらすぐ会おう

意外なところで意外な人と会う事がよくある。
意外なところで意外な人がつながっている事が判明したり、
スモールワールド現象は、「まあ、あるよなあ、そういう事」
と受け入れていると、更にどんどん起こっていく気がする。

今週まで個展をしていたカフェ谷中ボッサに先月寄った。
ほんとはその日から、
10日間の瞑想コースに行く予定でキャンセル待ちをしていたのだけど、
結局当日までキャンセルが出ず、いきなり時間ができたので
夕方ボッサに行けたのだ。

閉店近くになって、
お店にボッサのお客さん/お友達のさわやかーな男性がやってきた。
芸大で教えている映像作家だと紹介されて、
ボッサの二人と和やかに話しながら
男性がお裾分けのジャムかなんか渡しているのを見ながら、

「なんか見覚えあるんだよなあーーー
でも会ったのすごい昔なんだけど
変わってなさすぎて、つじつまが合わないなあ」

と思いつつ、名前を聞いてみた。

「ミヨシです」

「あーーーっ!そうだ、三好くんだ!三好くん双子でしょ!」

「はい」

「そんでもって三好くんの双子の兄弟は陽子と結婚してるでしょ!」

「えええーーーっ!陽子ちゃんを知ってるのーー!??」

「知ってるよーー!ずっっっと会ってない!どうしてるの?会いたい会いたい!」

三好くんの一卵性の双子の弟(兄かもしれない)は建築家で、彼の妻が陽子だった。
十数年前に、友達のハウスパーティで何回か会って意気投合して、
ワインをがばがば呑んでマシンガントークを何度かやった。
頭がよく切れて、どんなお題を投げても何かはぽんと返ってくる面白い子だった。
フランス語ができて、小説家になると言って、いろいろ書きためていた。
そういや結婚式も行った!引き出物が、ゲスト全員分の手彫りの判子だった!
陽子とはメールもやり取りしていたんだけど、夫の仕事でフランスに引っ越して
私も旅人になったりして、特に理由もなく連絡がとぎれてそのままになってしまった。
ふと思い出して、どうしてるかなあーまた会いたいなあーと思いつつ、
連絡しなくなっている人っているでしょ。あれだった。

三好くんは、単にまだ若く見えるだけで、あの三好くんだった。
たぶん彼とは一回結婚式で会った、とかだけだと思うんだけど
何せ一卵性双生児なので、私の知っていた陽子の夫の三好くんと
瓜二つだったのだ。

私は、これで陽子とつながったー!と思って大喜びだった。
そうそう、会うべく人には会えるようになってるのよ!

そしたら、三好くんが

「そうか、陽子ちゃんを知ってるけどずっと会ってなかったんだね、
陽子ちゃん、亡くなったんだよ」

「へ?」

会える!と思った人が実は亡くなっていた、という事にうろたえて、
どうリアクションをとっていいかわからない。
私はなんだか力が抜けてしまった。

もともと身体が強いほうではなく、去年亡くなる数ヶ月くらい前から具合が悪かったそう。
その時は建築家の夫の仕事で、ミャンマーに住んでいて、
陽子は治療を受けるために日本に帰ってきて一ヶ月くらいで、
夫が帰国して数日後に亡くなったんだそうだ。
40歳だった。

三好くんもびっくりして、もう閉店時間をまわったボッサで
しばらく話を聞いた。今週末に、陽子を偲ぶ会、みたいなのをやるのだと言っていた。
私は口は動かしてなんか話してはいるんだけど、
頭の中は呆然としていた。

その日、遅れて合流するつもりだった集いはすでに盛り上がっていたようで、
どうしても大勢で盛り上がる気になれず、帰ることにした。
ボッサから根津駅までの坂道を下りながらやっと涙が出てきた。
陽子に会いたかったなあー。会いたいなあーって思ったのになあー。
死んじゃうなんてあんまりだよなあー。

ふと、この人ずいぶん会ってないけど会いたいなあーと思ったら、
友達の友達の友達、とかたどれば連絡つくのであれば
連絡してみたほうがいいよね。

人生、いつ何があるかわからない。
今年の4月のネパールの地震の時は
あの地震の一日後にネパールに飛ぶ予定だった。
無惨な姿になってしまったカトマンズの王宮広場は、
カトマンズにいる時の私の庭みたいなもので
あそこに行かずに一日が終わることはあり得なかった。
崩れ去った寺院の下敷きになっていたのは自分だったかもしれない。
そう思うと、生き残った特攻隊員みたいなんだけど
「借りた命」みたいな気がして、
「ちゃんと」生きなきゃなあーとますます思うようになった。

「ちゃんと」っていうのは
あたりまえの事があたりまえにできていることに感謝することだと思う。

今日も朝のコーヒーが美味しかった とか
今日もごはんが美味しかった とか

あれ、食べることばかりだけど

一日を無事にスタートできて
一日を無事に終われる

ことにありがとう、なんだと思う。

そして、伝えたいことを伝えたい人にちゃんと伝えられているかな、
ということなんだと思う。
愛してる人に愛してるって言うとかね。
感謝してる人にありがとうっていうとかね。
次回があるということをあたり前と思ってはいけない。

私は一つの場所にずっといない生活をしているので
余計そのへんの「ちゃんと」は大事にしなきゃな、と思う。

陽子の義理の兄弟である、映像作家の三好大輔くんは、
地域ごとに、昔の8mmフィルムを掘り起こしてまとめて(すごい作業!)
映像作品を作っています。少し見せてもらったけど
その地を知らない私でも、記憶の奥底をくすぐられるような映像。

富士フィルムのCMも作ったんだって。
で、富士フィルムにインタビューもされてます。
ここで彼の映像もちょっと見られます。
何も話さなくなっていたおじいちゃんが映像を見ていきなり話しだしたりするんだって。
素晴らしいライフワーク。

PHOTO IS POWER Vol.30 三好大輔
特別編「映像の力」


そして、この出会いの次の日、
あきらめていた瞑想コースから空きが出た、とのお知らせがあり
3日遅れで瞑想コースに参加したのでした。

こういうタイミングだったんだね。
出会いに感謝。
合掌。

d0132132_11451221.jpg

[PR]
# by shantiriot | 2015-10-22 11:48 | 日々のつぶやきもろもろ

アースガーデン秋@代々木公園

谷中ボッサでの個展もおかげさまで盛況のうち終えることができました。
ありがとうありがとうありがとう。
ボッサに入り浸った二週間。
大好きなカフェでだらだらくっちゃべっていてお仕事になるなんて幸せだなあ。
遊びに来てくださった皆さま、本当に本当にありがとう。

さて、2015日本も大詰め、今年も日本の仕事納めはこれです。
今週の24日と25日の土日の代々木公園のアースガーデン秋に出店しまーす!
両日とも10時〜17時まで店開きしてます。

Shanti Riotは会場マップの93番。ケヤキ並木から来ると、一村一品マーケットでイベント会場の中に入って左側です。
今回は、日本画ハンドペイント服(レベル高し!)の竹風鈴のゆきちゃんと共同出店。
ゆきちゃんはアースガーデンは初出店ですよーお楽しみに。

このマーケットを最後に、日本脱出モード。
私にとって10月は師走。
11月4日、インドに向けて出発です。
毎年言うけどパッキングは大の苦手なので、
この時期緊張気味の私。

会いに来てね!

レインボームーンストーンの原石リング。
ピンクトルマリンの原石がゆらゆらチャーム。
d0132132_1950838.jpg

[PR]
# by shantiriot | 2015-10-21 19:54

Shanti Riot個展@谷中ボッサ 好評開催中!

谷中ボッサでのShanti Riotジュエリー展、今年もおかげさまで好評開催中。
d0132132_11574629.jpg

ボッサの向かい側は、下町風俗資料館「旧吉田屋酒店」
谷中近辺は、こんな古民家がごろごろしてます。
そして今は芸工展も開催中。
谷中根津千駄木界隈のあちこちがアートになってます。
下町歩きが楽しいこの時期。

谷中ボッサも実は築100年以上。古い家って落ち着くよね。
d0132132_11592917.jpg


そして、デモに行く人にはなんとコーヒーが100円!
d0132132_11564166.jpg

店主曰く
「自分はデモに行けないけど行かないからと言って賛成してません、という意思表示がしたかった」
こういうお店、もっと増えればいいよね。
「デモは水分補給が大事だからね、キュウリかじりながら行って!」
ってキュウリをデモ価格で提供する八百屋、とかさ。
自己申告制でいいのです。
d0132132_12284859.jpg


ネパール震災のため、ジュエリー制作も滞り、
若干少ない商品数でスタートした今シーズンの日本ですが、
やっと仕事を再開したネパールの職人から、新作も届いたよ、
個展でいくつかお目見えしてます。
d0132132_1211073.jpg

カイアナイト(青)とピンクトルマリンの原石のペンダント。
カイアナイトは、原石の一面だけを研磨してぴかっとさせてます。

d0132132_1221120.jpg

裏には小鳥がとまってます。

何度も言いますが、ボッサのスイーツは絶品。
チーズケーキとガトーショコラが定番で、日替わりもクオリティかなり高し。
なんと写真撮ってないのだけど、がっしりどっしり味わい深いケーキ好きは
ぜひボッサへ。

食べものの写真を撮る習慣がない私だけど
ボッサのケーキの話になるとつい熱が入り、
途中ではっとして、「そうそう、ジュエリーもあります!」
というくらい、ここのケーキはおいしいの。

コーヒーは、今は、日本では珍しいインド南部のケララコーヒーが飲めます。
ほろ苦いけどスッキリで飲みやすいよ。

あ、そうそうジュエリーもあります。
13日(火)14日(水)はお休みで、19日(月)まで開催してます。
私も毎日入り浸ってます。土日は終日いますよ。遊びに来てね。
[PR]
# by shantiriot | 2015-10-13 12:30 | Shanti Riotジュエリー関連

Shanti Riot ジュエリー展@カフェ谷中ボッサ

今年も、大好きな大好きなカフェ谷中ボッサで
ジュエリー展をやらせていただけることになりました。
今年は、震災のためネパールでの制作が厳しい状態での
日本の夏シーズンスタートでしたが、
個展までにはネパールから新しい作品もいくつか届きます。お楽しみに!

10月8日(木)〜10月19日(月)(13日(火)と14日(水)は休み)
12:00〜20:00

カフェ谷中ボッサ

d0132132_113116.jpg
d0132132_1132427.jpg

[PR]
# by shantiriot | 2015-09-16 01:16 | Shanti Riotジュエリー関連

今週末は葉山で出店!& 初めて研磨した石の事


先月行った佐渡島で、初めて自分で石を研磨してみた。
マーケット友達の、マクラメジュエリーを作ってる
Sphere の 太郎くん。
毎年作るものも持ってきてる小道具もパワーアップしてて、
今年はちゃっかり名古屋方面で拾ってもらって
佐渡まで車で乗せてきてもらったんだけど

今年はなんと、
マイ・研磨機を持ってきてたよ。

インド人もびっくりのコンパクトさ!
ついつい自分の店のことも忘れて
太郎くんが気前よく提供してくれた
ラブラドライトを磨かせてもらった。

d0132132_17261148.jpg


左から右へと順番に磨いていくと、目の細かい研磨ができるようになってる。
暑い日だった。

インドで石を加工するのにオーダーはして、
ついでにいちゃもんもつけてたけど、
見るとやるとでは大違い。インドの石研磨職人の皆さま、リスペクト。

石の写真を撮り忘れたんだけど(!)ラブラドライトはたとえばこんな石です。
d0132132_173977.jpg

ネットから引用

佐渡島のアースセレブレーションの後は、佐渡でちょっとのんびりしたあと、
新潟の友人宅に一泊おじゃまして東京に帰るのがほぼ恒例になっている。
今回も一年に一度の、どたばたゲスト(私)。

友人のミキのふたりの息子も一年分大きくなっていて、
上はもう一年生。
一年ぶりにあったノエ(六歳)は、鉱物好きになっていた!
会うなり、鉱物の本を持ってくる。

「りおちゃんに、質問がありまーす!
この石知ってる?」
とラブラドライトのページを見せられた。

「ふっふっふっ、
りおちゃんこの石持ってるんだなーー」

商品は、全て佐渡から東京に送ってしまったんだけど
唯一持ってたのが、自分で研磨したラブラドライトだった。

「これねえ、りおちゃんが磨いたんだよ!」
と、ちょっと不必要に自慢げに見せてあげると、
「うわあああああーーーー!」
瞳孔が開きそうになっている。

一日に何回も、
「ねえ、あの石見せて!」
というので

最後にこの石をあげた。
その時のノエの嬉しそうな顔。
いやあ、りおちゃんも超うれしいよ。

「一生大切にする!僕も石の研究をする!りおちゃんみたいになる!」

私が帰ってからも、そんな感じに大興奮で、
毎日宝箱から取り出して見てたそうな。

りおちゃんみたいになるかはおいといて、

子どもが興味がある時に、興味の対象を実際に見てさわれるって、
大事だなあー。

石であろうとなんであろうと、
そういうシーンを与えてあげられたのがうれしい。
たろうくんありがとう、
ノエもありがとう!

りおちゃんも精進しますよ。

で、今週末は葉山に行きまーす!

次の週末は葉山!
葉山・一色のシェアショップ にじいろいろ屋に出店です。

★ 9月12日(土)13日(日)
11時〜18時
にじいろいろ屋
葉山町一色1436-7(逗子駅から一色海岸まわりのバスで、葉山小学校前下車
直進して信号を渡って、その先を左斜めにはいってすぐ)

毎年帰国すると必ず遊びに行ってる葉山。
葉山でなんかできたらいいなあーと思ってたので
今回のご縁うれしい限りです。
にじいろいろ屋は、
身体探索アーテイスト”ミラクル結実子さんが
自ら建てた自宅の一部を開放した
居心地のよい小さなスペース。
今回は、葉山在住のハンドメイドジュエリー
Sinar さんと一緒の出店です。
季節の変わり目のビーチにお出かけがてらお越しください。

d0132132_1821062.jpg


スリランカで買い付けてきたスピネルの原石を使ったペンダント。
透けると微妙な色味が美味しそう。
インドのアンティークジュエリーの涙型フォームをアレンジしました。
[PR]
# by shantiriot | 2015-09-11 18:07 | プロフィール



RIO :天然石とシルバーの一点もの中心のジュエリーブランドShanti Riotのデザイナー。インドネパールを中心に旅しつつ制作しつつ、まったりとエキサイティングな日々を送っています。Home is where your heart is.
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧