<   2017年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

先週は、長野・松本のカフェ山辺ボッサで Shanti Riot展。
ちなみに今は兵庫・尼崎のCosmic Love Bazar で開催中ですが、
松本民芸館が素晴らしかったので遅ればせながらレポート。

山辺ボッサは、去年まで東京で谷中ボッサだったのが、
去年、松本に引っ越して、カフェ山辺ボッサになりました。
松本民芸館が好きすぎて、超近所に越してきたというくらいの、
ボッサいち推しの松本民芸館。

行かないわけには行かないので、展示中カフェの開店前に行ってきた。
なにせヤマベボッサから200メートルしか離れていないのだ。
d0132132_11590649.jpg
こんな空を見ながら2分歩くとすぐ着いた。
佇まいも、森をそのまま庭にしたみたいで素晴らしい。
d0132132_12022070.jpg

松本民芸館は、故丸山太郎氏が「民芸をみるたしかな目」で優れた民芸品を蒐集され、昭和37年(1962)に独力で創館しました。「無名の職人たちの手仕事で日常品」であるものに美をみる民芸の心が、丸山の「美しいものが美しい」という書によく表れています。ホームページ より抜粋)

古い日本家屋がまるごと民芸館になっている。
日本各地の焼き物の壺が並んでいる前に、
私が行っている、インド・ラジャスタン州の
一畳くらいある刺繍のタペストリーがかかっていたりして、
そして、説明はほとんどない。「美しいものが美しい」つまり、まんまを感じてください、ということらしい。
d0132132_13272864.jpg
アフガ二スタンのすごい緻密な刺繍の上着があるかと思えば
d0132132_13254406.jpg
タンスの上に木彫りのだるま。
そんでこのだるまがすっごいいい顔をしていて、特にだるま好きでもないんだけど、ついまじまじ見たくなる。
d0132132_13480583.jpg

かと思えば

d0132132_13302614.jpg
これ、キャプションは、「版画 インド」のみ。

インドのヒンズー教徒の「第三の母」と呼ばれる、かの有名なカーリー神ですよっ!

d0132132_13541136.jpg
インドの鍵。鶏肋集という冊子に説明が載っている。

丸山太郎氏、絵手紙が大好きだったそうで、この冊子もとても趣深い。

d0132132_13282585.jpg

鍵好きです。これは韓国のもの。

d0132132_14002190.jpg

窓からの眺めもいちいち立ち止まりたくなる。

私のかたよったセレクションでは語れない、盛りだくさんの松本民芸館。

手仕事の丁寧な感じを見るのには、たっぷり2時間かかりました。時間が許せばもっといられたなあ。

季節ごとに常設展も入れ替えしてるんだって。次回が楽しみ。

d0132132_14131301.jpg
丸山太郎氏の絵。


そして今週は、嵐とともに関西入りして

尼崎のCosmic Love Bazar で8月15日(火)まで Shanti Riot 展です。

あめちゃんみたいやーって今年も褒めていただけてうれしいです。

最初に言われた時に、ほんとに言うんだ!と感動した東京人。


Shanti Riot日本ツアー 2017年8月
8月8日(火)〜15日(火)兵庫・尼崎 コスミックラブバザール
8月19日(土)20日(日)三重・亀山 月の庭 「魔女の市」
8月23日(水)〜30日(水)高知・光の種
d0132132_14584764.jpg
タンザナイト原石・レインボーンムーンストーンに鳥のリング シルバー









[PR]
by shantiriot | 2017-08-09 14:52 | 日々のつぶやきもろもろ

どこに住んでるんですか

「どこに住んでるんですか」と聞かれると、
「今はここに住んでます」しか言いようがない。

だいたい半年はインド、1、2ヶ月ネパール、あとはタイを通ったり通らなかったりで、
日本には夏と秋だけ帰ってきています。
ざっくり言うと、私の一年のサイクルはこんな感じ。

だから、てっきり旅人なんだと思われるんだけど、
実は、私は、多くの人に思われているほど旅人ではなく、
インドもネパールも、毎回同じ場所に帰ってきているので、そこそこ荷物も各地にキープしてあり、
インドでは一番長くいるゴアでは、一応家もキープしてあるし、そうじゃなくても決まった宿に泊まってる。

要するに、マーキングしているところを数ヶ月のスパンでまわっている、のだ。
「ただいま」ができて「おかえり」を言ってもらえる場所がそこここにある。
それはそれで楽ちんなので、そこに全然文句はない。

ただそれほど「旅人感」がないのだ。
旅を続ける口実のためにジュエリー作り始めたようなもんなのに、
たまに、新しい場所にいくワクワクと緊張感が恋しくなることもある。

だからここ数年、東京以外の日本各地を、ジュエリー担いで転々とするのが
旅人感を刺激されてすごい楽しい。
数年続けて同じ場所に行っていても、
なんせ一年に数日だけなので、旅気分のまんまでいられるのだ。

一年に数日の私の訪問を皆さん各地ですごい歓迎してくれるので、
旅人感を楽しみつつ、「ただいま」「おかえり」の関係になれるのが、
おいしいとこどりをしているみたいでありがたい。

「移動が多くて疲れませんか」と聞かれることもたまにあるんだけど、
そこは、たぶん、性分が旅人なんだな。
行く先々で歓迎してくれる人たちの、食や就寝時間や、
その他の生活スタイルに合わせるのは全く苦ではない。
違った寝床はむしろ楽しい。
そして楽しい日々と人々に後ろ髪をひかれつつ、
次の地に出発したとたん、もうワクワクしてくる。

郷に入れば郷に従え、が若い時より受け入れられるようになってきたのかな、
私も大人になったなあ、と一人うなづいてたんだけど、

よく考えたら、
だいたい、自分が合わせるのが苦にならない人しか、周りにいないのだった。
従える郷、にしか行ってないのであった。
そういうスタイルを、自分で選んできて今があるんだった。

昔より柔軟性がでてきた、のではなく、こんな私を面白がってくれる人しか周りにいなくなってるんだった。
大人になるって、それも含めて好きな道を自分で選べるようになるってことで。
大人になってからずいぶん経ちますけどね、ふとそれに気づいたら、ありがたいなあ、と思う。

そういうわけで今は長野・松本の山辺ボッサに来ています。
8月5日(土)までShanti Riot ジュエリー展開催中。
10年近く東京の個展で毎年お世話になったカフェ、谷中ボッサが
去年松本に引っ越して山辺ボッサになりました。
新しい土地のワクワクがありつつ、気心知れたボッサファミリーとの日々は
初めて来たのに「ただいま」が言えるのって、おいしいとこどりの旅だよね。
早寝早起きのボッサに合わせて、今日は朝5時起きでヨガとかしてみた!やればできる自分に感動!

来週からは兵庫・尼崎に行くよ!
d0132132_10162860.jpg
ラブラドライト原石 アンモナイト トップはトルマリン原石 シルバーペンダント
本物のアンモナイトで型どりをした、シルバーのアンモナイトが付いてます。リバーシブル。 







[PR]
by shantiriot | 2017-08-03 10:22 | 日々のつぶやきもろもろ
福島いわきのクオーレでは今年も大歓迎していただき
しゃべり続けて持ち上げられ続けた怒涛の三日間、
皆さまあたたかいおもてなしありがとうございました。

そんでもっていわきから東京に一瞬もどって
灼熱の新宿から高速バスでピューン。
谷中ボッサ改め、山辺ボッサに来たよ!
d0132132_17052348.jpg
そうなのです。東京の個展で毎年お世話になっていた、伝説のカフェ谷中ボッサは、
去年惜しまれながら、長野の松本 里山辺に移転したのです。
生まれる前から知ってる看板息子はもう小学一年生。
甲高い声がちょっと落ち着いてたりして、どんどん縦に伸びてたりして
もうりおちゃん(私ね)切ないやらうれしいやら。設営もちゃんとお手伝いしてもらえるよ。
d0132132_17292201.jpg
お母さんのしえちゃんは、看板息子を妊娠中、臨月のお腹をかかえて機敏に店内をかけまわり、
Shanti Riot展を開催してました。
d0132132_17273494.jpg
初めて来たというのに懐かしさいっぱいの、
相変わらず昭和なファミリーと 日本家屋と パンの焼ける匂い。
Shanti Riot 展、8月5日(土)まで開催でーす。

d0132132_17055898.jpg
チベタンターコイズ と亀のリング シルバー
亀甲と見せかけて実は花模様をしょってる亀

今後の Shanti Riot日本ツアー
8月8日(火)〜15日(火)兵庫・尼崎 コスミックラブバザール
8月19日(土)20日(日)三重・亀山 月の庭 「魔女の市」
8月23日(水)〜30日(水)高知・光の種







[PR]
by shantiriot | 2017-08-01 17:56

RIO :天然石とシルバーの一点もの中心のジュエリーブランドShanti Riotのデザイナー。インドネパールを中心に旅しつつ制作しつつ、まったりとエキサイティングな日々を送っています。Home is where your heart is.


by shantiriot
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31