「ほっ」と。キャンペーン

RIO :天然石とシルバーの一点もの中心のジュエリーブランドShanti Riotのデザイナー。インドネパールを中心に旅しつつ制作しつつ、まったりとエキサイティングな日々を送っています。Home is where your heart is.


by shantiriot
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

<   2012年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧

今週の土日は
代々木公園にてアースガーデンに出店。
会場マップです。
黄緑色の159番。
売店の横です。

亀パンツ(超オリジナルのタイパンツ)の
つるかめ屋のべっちゃんといっしょに出店。

楽しみ!

日本滞在4ヶ月、会いたくて会えずじまいに出発するのがやむを得ない人、
残念、残念だけど、ほんとにばたばたになってきた。
ばたばたな私も温かく見守ってくれるみなさんのおかげで私はなんとかがんばってます。

よっしゃ。(ここんとこ、よっしゃ、ばかりなんである。よしとする。)


d0132132_04449.jpg


シトリンのカボッション(研磨したもの)と、原石に、てんとう虫。
てんとう虫は、羽の片方が点々で、もう片方はお花模様になってます。
シトリンは、レインボーの光が見えます。小さいけどゴージャスなペンダント。
[PR]
by shantiriot | 2012-10-26 00:09 | Shanti Riotジュエリー関連
早いもので、二年ぶりの日本も
瞬く間にびゅーんと4ヶ月がすぎる。

今年も日本出発が近づいてきた。

アースガーデン秋2012

10月27日(土)
10月28日(日)

10時〜17時
代々木公園イベント広場

クラフトフェアに出店しています。
今年は、タイパンツ屋のつるかめ屋さんといっしょに出店。

私は今年2年ぶりに帰ってきたので、
今年会えない友人は、自動的に3年会えなくなってしまうのだ。

つるかめ屋のべっちゃんは、岡山からやってくる。
今年は会えていなかったので、
出発前ぎりぎりでやっと会えるのがとてもうれしい。
いつも、うならせてくれるセンスの布合わせで
ただものではないタイパンツを繰り出すべっちゃん。
本人もかなりマイペースでむちゃくちゃ面白い。

楽しみだー。

楽しみだーとか悠長に言っていられない、
はい、後一週間で出発です。

アースガーデンが終わったら出発まで二日しかない。
いつもこの時期、自分の荷物の多さにびっくりする。
毎年民族大移動。パッキング大の苦手です。

ちっちゃい私が、大きい私が寝てる間にパッキングしてくれないかなー
と、まちがいなく毎回妄想する。

断捨離、の本を再読。読めばいいってもんじゃないんだよ。
わかっちゃいるのだ。

よーし。

d0132132_94587.jpg


ラブラドライトの原石の上に、カエルが乗っているペンダント。
ラブラドライトは、緑がかっていたり青味が強かったり、いろんな玉虫色があるのが楽しい。
[PR]
by shantiriot | 2012-10-24 09:47 | Shanti Riotジュエリー関連

谷中ボッサ個展終了!

谷中ボッサのShanti Riotの個展、好評のうち、無事終了しました。
お越しいただいた皆さま、本当にありがとうございました。

今回は、まだ私のジュエリーを見た事がない方も
たくさんお越しいただき、ありがたい限りです。

「どこで見たか忘れたくらい前にShanti Riotのジュエリーを見て
今日ふと思い立って検索したら個展をやってたので来ました」

とか、

めぐりめぐって思ってもいないところから中学の同級生につながって
かけつけてくれて卒業以来の再会(!)

とか、

喫茶谷中ボッサの前をいつも通るのに入ったことがない、
という方が、この個展をきっかけにふらっと立ち寄ってくださったり

とか、

ありがたやありがたや。

そういえば、個展の直前が満月だったので、
普段はあまりこういう事にこだわらない私だけど、
ジュエリーをぜーんぶ洗って磨いて、外に出して、
「満月浴」をさせてみる。

そしたら、石とかジュエリーとかなんとかおいておいて、
私がむちゃくちゃ気持ちよかった!!
満月パワーはいつもありがたいけど、この前の満月は
ほーんとに気持ちよくって、
深夜のベランダで満月に浸る。

東京だってインドの山奥だって、
満月に浸るのはいつだって贅沢な時間。

閉店間際、
谷中ボッサの常連さんで
Shanti Riotジュエリーをとても気に入ってくれた方が

なんと
くすだま作ってきてくれました!
d0132132_9315022.jpg


ぱんと割ると、「ありがとう」!!

ぶらさがっている彩りは、アクリルたわし!
箱にはShanti の、金銀の文字の切り貼り(!)

作ってあげたことはあるけど、作ってもらったのは初めて!
無条件にめでたい、うれしい、くす玉のある生活。
私大興奮。むちゃくちゃ盛り上がる。

みなさんもぜひ。作り方はコチラ

谷中ボッサの店主夫婦にも、とてもよくしていただいて
今回もとても気持ちよく個展をやらせていただきました。

二年前、彼女が臨月をおしての個展開催(!)だったのが、
今やその愛息子がもうすぐ二歳。
カフェの中をちょろちょろ走り回ってます。
まあ、計算すれば、当たり前といえば当たり前ですが
子どもが元気に産まれて元気に育つのは、決して、当たり前ではない。
自分のまわりの子どもたちの成長を見守っていけるのはつくづく幸せ。

楽しい二週間でした。
あらためて、感謝。

次は代々木公園のアースガーデン
10月27日(土)と28日(日)開催です。(10時〜17時)
ライブ&トーク、ワークショップ、フードエリアなどなど、
いつもながら盛りだくさんの週末。
代々木公園お散歩がてら、遊びに来てください。

そんでもって31日にネパールに向けて出発です。
さあ、パッキングその他諸々。ひえー。

d0132132_936063.jpg

孔雀ペンダント。
ラブラドライトの原石(下)と、カイアナイトの研磨したもの(上)。
ラブラドライトの原石の、天然で斜面になったところに
孔雀を乗せたらぴったりでした。
[PR]
by shantiriot | 2012-10-16 09:41 | Shanti Riotジュエリー関連
谷中ボッサでShanti Riot個展が好評開催中、ですが、
今日は別の話。

今まで作ったなかで一番大きい、ラブラドライトのピース。
d0132132_2354233.jpg


ラブラドライトの吸い込まれるような深い青に、
蝶が舞ってる、たぶん100g以上はあるかと思われる
巨大ペンダント。長さは、たぶんタバコの箱くらいある。

二年前の夏。
昔、会社員時代にお世話になった年上の女性にお買い上げいただいた。
私がもうその会社をやめて10年以上経つというのに、いつも気にかけてくれて、
ジュエリーを始めてからも、
毎回どこかの出店で会いに来てくれていた。

どんな時でも、会う度に、
「あなたはなんたって素晴らしい!最高!そのままでいい!」
と、何を根拠に?と思うくらい、太鼓判を押してくれて、
いつも、本当にありがたかった。

このペンダントヘッドをお買い上げいただいた時も、
来るなり、
「じゃじゃーーんっ!ってのが欲しいの!」
と、即決。大柄な彼女にはほんとによく似合っていた。
ペンダントを着けて、
「どうっ、どうっ、似合うでしょ!!」
と、くるくるまわってみせる姿が、まるで少女のようで
心底、可愛らしい人だなあ、と思った。

去年の8月、インドのジャイプールで
東京の彼女の急逝のニュースを聞いた。
倒れてから亡くなるまで、あっと言う間の出来事だった。

めったに会わないけど、会うと必ず心があったかくなる、
母のような、太陽のような愛にあふれた女性だった。
あまりに早い死が、信じられなくて、私はかなり動揺。

彼女の御葬式の日が、ちょうど
ヒンズー教の神様の一人、クリシュナの誕生日で、
ジャイプール市内のクリシュナ寺にお参りに行った。
電飾ぎらぎら花いっぱいに、ド派手に飾り付けられたクリシュナ寺は
「無条件にめでたい」雰囲気で、
寺の中でぎゅうぎゅう汗かきながら参列している人々が
ほんと幸せそうで、彼女はクリスチャンだったけど、
たぶんこんなめでたい場所に私がいることを喜んでくれているにちがいない、
と思った。

私は、亡くなった彼女の娘ともお友達だったので、
今年の夏、日本に帰ってきてから、会いたいなあと思っていたら、
高尾のtoumaiの展示に、弟といっしょに来てくれた。
亡くなった彼らの母の持っていた
ラブラドライトのペンダントは娘が、
もうひとつ、
トルマリンのペンダントは息子が、
それぞれ引き継いでいてくれた。

息子が、彼の母が亡くなったときに、
「私の大事にしていたものを持っていてくれれば
私はそれといっしょにどこへでも行ける」
というメッセージをうけとったそうで、

ふたりとも、どこに行くにも
彼女が買ってくれた、私のジュエリーを
持ち歩いているそう。

自分の作ったものが、
自分の手を離れたところで、
ストーリーを紡いでいってくれる。
誰かの元気につながってくれる。

ものを作る者として、
こんなにありがたい事はありません。

お金にはかえられない、嬉しい事。
この仕事、やっててよかった。

今年の8月で、
みんなのビッグママ、エイコさんが、
亡くなって一年経った。

いつも応援ありがとうございます。
謙虚に、感謝を忘れず、がんばりすぎずにがんばります。
これからもよろしく見守ってください。

d0132132_238211.jpg

トルマリンと菩提樹と月のペンダントヘッド。
これは彼女の息子が持ち歩いていてくれる。ありがとう。
[PR]
by shantiriot | 2012-10-12 00:16 | Shanti Riotジュエリー関連

帯留めなどなど。

谷中ボッサでShanti Riotジュエリー展開催中。
3連休の最後の日、
気持ちのいい秋晴れ、
芸工展も始まったこともあり、谷中はお散歩する人であふれ、
ボッサも一日中にぎやか!

帯留めもあります。

クリスタル・アゲートの帯留め。
d0132132_9343888.jpg


石の真ん中が空洞になっているのがアクセント。
おばあさまが昔着ていた着物だそうです。
半襟の朱色がきいていて、すっかりモダンな感じ。
青い帯締めは、先日お買い上げいただいた、
Shanti Riotの藍染めラリエット。こんな使い方もできるのね。

トルマリンリング。ピンクトルマリンフラワーを咲かせてみました。
日にあたると、トルマリンの中の、小さなラメラメがきらきら。
キュート&ゴージャス万歳。
d0132132_946148.jpg

[PR]
by shantiriot | 2012-10-09 09:49 | Shanti Riotジュエリー関連

谷中ボッサ個展、開催中

東京台東区、谷中ボッサにて個展開催中です。

d0132132_92520100.jpg


ゆっくりランチもよし、ゆっくりお茶とケーキもよし。
何度もいいますが、何を選んでもはずれなし、
なんと、パンも自分で焼き始めたとか。
今は、山桜の酵母で焼いたパン。これで作るホットサンドはワンランク違う!
築100年(!)の長屋を改造した店内で、ほんとにリラックスできます。

6日の土曜は、ギリシャギターのyoyaくんと
アフリカンドラムとパーカッションの岩原大輔くんのライブ。

ギリシャ meets アフリカ。
なかなかない組み合わせなのだけど、これがまたよかったのだ。
幻想的だけど、地に足がついてる、感覚が気持ちがいい。
d0132132_926210.jpg


谷中ボッサの小さなサイズにもぴったりで、
異空間だけどアットホームな、素敵なひとときでした。
おかげさまで満員御礼。

しかも二人ともこれがまたいい人で。
ライブを快くお引き受けいただいてありがとう。
自分の個展でこんなすてきなライブをしてもらえて、ほんとに光栄です。

そういうわけでとても気持ちよいボッサの個展
個展は10月15日の月曜まで開催です。(9日火曜のみお休み 12:00〜20:00)
私は毎日入り浸ってます。お待ちしてます。

yoyaくんと娘のみおんと岩原大輔くんと光栄ショット。ありがとう。
d0132132_9463279.jpg

[PR]
by shantiriot | 2012-10-08 09:47 | Shanti Riotジュエリー関連
週末の波よけキッチンの
「インドカフェ」も無事終了。

お越しくださった皆さま感謝です。
築地の商店街にちんまりとある
とても気の流れがいい明るいキッチンで
気持ちがいい週末でした。

「RIOのインドごはん話」イベントもふたをあけたら盛況。
参加者の方がインドカレーをつまむなか、
私がインドのご飯やインドやインド人について1時間くっちゃべる
というものだったのだけど、つたない話に耳を傾けてくださった
皆さま、ありがとうございました。

日曜の朝、築地に早く着いたので、
立派な門構えはいつも素通りしてばかりで
そういえば入ったことなかった築地本願寺、
ふらっとお参りしてから築地観光しようかしら、
と入ってみたら

中では東日本大震災の被災地の写真展をやっていた。
パネルに何枚も、被災地各地の写真。
何もかも 崩れさって折れ曲がって流されて折り重なってえぐられた
写真のオンパレードと、ところどころにある震災の新聞記事に
私は、思った以上に胸をえぐられてしまった。

震災の時は日本にいなくて、
テレビを見ていなくて、
写真も、正直ここまでたくさんいっぺんに見たのは初めてだった。

途中で、石巻の小学校のほとんどの生徒が助からなかった記事を読んでいた私に
写真展の主催者の年輩の男の人が声をかけてくれた。
福島から避難してきている人だとのこと、
私が明らかに写真で動揺しているのを見て、
そっとしておこうと思ったのか、また離れていった。

それからなんだか涙が止まらなくなってしまって、
私は、写真パネルの前で、嗚咽するくらい泣いてしまった。

写真展を後にするときに、主催者の方に
一言声をかけていこうと受付に寄る。
「すみません、私、震災の時に日本にいなかったもので、
こんなにたくさんの写真を一度に見たのは初めてで。。。」
と言ってるそばからまた泣く私。

「福島の、どちらからいらっしゃったんですか?」
「福島です、福島、プリフェクチャー(prefecture:県)」
「(泣きながら)日本語わかりますよ、だいじょうぶです」

私、インド人と思われたのかしら。
自分では普通の格好と思っても、
変わってると思われることにはもう慣れているけど、
今まで日本語で会話してたのに、ちょっとおかしかった。
泣き笑いする私に、ちょっと目を潤ませながらも、男性も照れくさそうに笑った。

表面はほぼ全てが日常に戻っている東京に、
違和感を感じるのは、わかって帰ってきて
実際そうだったけど、
そんな私のぬるい違和感をぶっとばすくらいの、写真展。

まだまだ、なんだなあ。
全部失って、がんばってる人がいる。
私も、ぬるい弱音はかず(特にはいてはいないのだけど)
いろいろがんばらなくっちゃね。

明日から谷中ボッサのでShanti Riotジュエリー展。
遊びにきてください。

d0132132_10242986.jpg


タイのバンコクのフラワーマーケットから。花がいっぱいあるとそれだけであがる。
たくさんの人が少しでも元気になりますように。
[PR]
by shantiriot | 2012-10-02 10:25 | 日々のつぶやきもろもろ