RIO :天然石とシルバーの一点もの中心のジュエリーブランドShanti Riotのデザイナー。インドネパールを中心に旅しつつ制作しつつ、まったりとエキサイティングな日々を送っています。Home is where your heart is.


by shantiriot
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

<   2008年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

カトマンズにて

デリーでネパール行きの電車を乗り過ごした末、
一日遅れで着いたネパール。
一難去ってまた一難、というにはあまりに大きすぎる一難がおきてしまった。

今朝、ジュエリーを作ってもらっている
職人のワイフからの電話で起こされる。
「シルバーが盗まれたからすぐ来て!」

一気に目が覚める。耳を疑う。
ワークショップにいってみると、
途方にくれた職人とその兄弟たちがいた。

3週間前に彼が雇ったワーカーは、
作業所のドアの合鍵を作り
彼のいない夕方一時間を狙って押し入って、
引き出しの鍵を全部こわして、
3kgのシルバーと、石、約11gの金を持って逃げたのだった。
そのうち600gのシルバーが私のものだった。
半年前に頼んだ51ピースは、半分以上できあがっていた。
足りない分のシルバーをつい昨日買い足したばかりだった。

何よりも一番落ちていたのは職人本人で、
かける言葉もないほど落ちている。
取り乱してもしょうがないので
ここは落ち着かねばと思う。

警察に届けたは届けたが、すみやかに捜査をすすめるための
賄賂を要求される始末で、正直あてにならない。

銀はともかく、石まで盗られたのが痛い。
特に私はかわったかたちの石や原石が多いので
石がなくなったからといってほいほいかわりが出せないのだ。
デザインにかかった時間はとほうもない。

ネパールビザは15日間で切れるし、
その後にはゴア行きの列車の切符も予約済み。

ここ2,3日でどれだけすすめられるか、だけど、
しかし、さすがに落ちるなあ。。。。
カトマンズに着いてからは、仕事はまあまあスムーズに
いっていたのに。

今回については私の不注意ではないので、
銀と石に関しては、職人が仕事でペイバックすると言ってくれたけど、
彼らの生活をよくわかっているだけに
今回のロスがどんなに大きいか想像できる。胸が痛い。
でも、チャラにするにはあまりに大きい金額なのは
私にとってもいっしょなのだ。

職人も決して不注意な人ではなく、
いい人を絵に描いたようなとても優しい性格の人で、
彼といっしょに仕事をして二年、
だんだんコミュニケーションもよくなってきたところだったので、
今までになく落ちている彼を見て(そりゃそうだ)
つらくなる。彼が長い作業時間をかけて私の51ピースを
丁寧に半分仕上げたのもよくわかっているけど
なくなってしまったものにお金を払うわけにもいかない。

カトマンズは毎夕3時間くらいパワーカットで電気がありません。
よって石をセレクトするとかデザインするとかは
実質的にその時間はできないわけで、

そういうカルマだったんだよとかいわれても
素直にそうねーといえるほど大人ではない。

これに比べれば、デリーからの電車を乗り過ごしたなんて
かわいいもんに見えてくるわ。

この手の試練は初だなあ。
今日の夜の停電が終わったら
新たに石をひっぱりだしてデザイン開始です。
ふう。
[PR]
by shantiriot | 2008-11-29 20:19 | プロフィール
なんだかんだでやっぱり延びたジャイプール滞在。
ジャイプールでの二週間がすぎたころ、
一回はマーケット疲れがやってくる。

マーケットに一歩でるともう、
マダム、グッドモーニング!の嵐で
私がどこで何の石をいくらで買ったか、
ある程度わかってたりする。
マーケットの情報共有のすごさといったらないのだ。

今回はプシュカルで4日ほど充電できたので、
ジャイプール滞在も悪くなかった。

今朝の6時のバスでジャイプール出発。
お昼前にはデリーに到着。

今日の夜九時の電車で、カトマンズに向けて出発です。
あまりに重い荷物、
かなり減らしてジャイプールに置いてきたのだけど、
それでも重いのでこれからちょっと減らしてデリーに預ける予定。

とかなんとかいってたらもう暗くなってきてしまった。

数時間の滞在のためだけに部屋をとる。
デリーの安宿にいったら、これから湾岸に出稼ぎに送られる
ネパール人であふれていて、部屋を一歩出ると
大注目をあびる。これから一年間くらいはネパール人労働者で
貸切状態になるらしい。
部屋(真っ暗!)に一歩はいり後ろを振り返ると、
10人くらいのネパール人の男子が鈴なりになって
部屋を覗きこんでいた。

やめてよというと、部屋に案内した従業員はもちろん笑顔で
のーぷろぶれむ!とのたまう。

あたしにはプロブレムなんだよ、と思い切りドアを閉める。
しまった。ネパール人貸切状態は想定外であった。
もうここには来ないなあ。

ま、これも、長居せずさっさと動いて仕事をするように、
とのことなのだろう。

よーしカトマンズ出発。
今日の夜行列車でスタートして、バスとか乗り継いで
あさってにはカトマンズ到着の予定です。

今回はネパールは15日間だけの滞在予定。
仕事モードのみ、になりそうだけど、がんばってみる。
[PR]
by shantiriot | 2008-11-23 21:32 | プロフィール

ジャイプール脱出

ジャイプール脱出と言っても、オンリー4日間なのだけど、
インド、ラジャスタン州のジャイプールから
バスで3時間半くらいの、プシュカルという街に来ました。

ヒンズー教の聖地のひとつで、聖なる湖につかりに
インド中からヒンズー教徒がやってきます。

実は、おとといまで
ここは年に一度のキャメルフェア(らくだ市。
ラジャスタン州は広大な砂漠なのだ。)で大盛り上がり。
私も何を血迷ったか1万頭のらくだ大集合を見たくて、
二日前、日帰りでプシュカルまで行ったのだけど
らくだはほとんど売りつくされてあまり残っておらず、
それより街中は、インド人観光客であふれかえり、小さなプシュカルは
どこも人人人。
帰りのバス(夜)ではインド人に触られ、
そして日本の携帯をどこかに忘れてきたことに気づき、
しかも次の二日間は久々に体調を崩しほぼ一日中ベッド、

など、まあこれからいいことあって帳尻あうんだろう、
のようなプシュカル日帰り訪問であった。
片道3時間半を一日で往復は、できるけどきついのだ。

次キャメルフェアにくるんだったら
まだらくだが残っているときにこようっと。

ので、そのリベンジのごとくプシュカルに来てみた。
ジャイプールのマーケットは、外に一歩でると
そりゃーすごいアタックなので、ずっといると疲れちゃうのだ。

ここらで持っている石を見直してカトマンズにそなえようかと。
聖なる湖のほとりのゲストハウス。
湖をみながら一日中石とたわむれて、
リフレッシュしてジャイプールに帰るのだ。

あ、その前に携帯を忘れてきたであろうお店に戻らなきゃ。
今日一時間歩いて見つかりませんでした。
自分の方向音痴を呪うわこればっかりは。
まあ、店が見つかっても携帯が見つかるかは別の話だけど、
もう今日はくたくたなので帰って湖みながらもうお休みモードです。
[PR]
by shantiriot | 2008-11-18 00:08 | 日々のつぶやきもろもろ

インド到着ー

10月の終わりにインドのデリーに到着して、
早いものでもう10日間が経ってしまいました。

デリーから即、北インド、ラジャスタン州の州都、
石の町ジャイプールに到着。

さっそく石漬けの毎日で、
毎晩ぶつぶつ言いながら石と格闘する日々です。

今日、やっと今シーズン初めての
オーダーをしたところ。
さあ、どんなふうに仕上がってくるかなあ。

前回、日本にいない間の八ヶ月、
すっかりほおっておいたブログも
今回はちょっとがんばろうかと。
期待しないで待っててください。

インドにもどれて、ただいまーーー気分満載。
ほこりっぽいジャイプールだけど
もどってきてやっぱりほっとするのもここ。

さ、これからこれから。
[PR]
by shantiriot | 2008-11-12 02:11 | プロフィール