カテゴリ:日々のつぶやきもろもろ( 80 )

ただいま東京!

まるまる一ヶ月ぶりに東京に、ただいま!!!

日本をこんなにまわったのは、ほんとに初めてで、
というほど動いてないのだけど
ピンポイントで濃い日々を送る。

この旅はなんだか、

「やむを得ない予定変更」が、なんだかんだで結果オーライ、
オーライどころか、素晴らしい!

ということが多かった。

高知のジュエリー展が終った次の日に

本当は、
岡山在住の友人といっしょに
岡山の「てのひら祭り」に行く予定だったのだけど
友人が急遽体調を崩してしまい、
いきなり、ひとりで、
前から気になっていた徳島の鳴門の砂浴にトライすることに決める。

これが、かつてないすっきり感で、
もうこれはまた章を改めなければいけないのだけど
あまりのすっきり感に、
調子にのって、
8時間砂浴×2日間
文字通りどっぷり砂に埋まってしまった。

故に、超すっきりモードで次のジュエリー展会場の
兵庫、尼崎に到着、
砂浴ハイ(+高知ハイ+阿波踊りハイ)
のままジュエリー展をして、

終った後は、今年も、京都の鞍馬山にお参り。
ここは、日本で唯一の、「尊天」 つまり
「大いなる宇宙」をまつっているところなんだって。

つまり、といわれても、尊天、なんて言葉、聞いたことなかったのだけど
とにかく、去年、ほとんど寝ないで来て、いきなり元気になったので
今年もお参りに。結局今年も睡眠不足で到着だったのが、
どうしたんだというくらいのリチャージぶり。

ここで牛若丸が天狗に兵法を教わった、とか
460万年前に金星人がここに降り立った(!)、とか
実にさらっとパンフレットに書いてあるのがわくわくする。

金星人が降り立った、という、その名も魔王殿で撮った写真。
あまりにキレイで興奮して撮っていたらこの写真の後、電池切れ。足るを知れということね。
d0132132_23414116.jpg


鞍馬山を貴船神社に抜ける、小一時間の山越えは、
やっぱり今年も元気をもらった。

大阪から次の目的地、新潟に行くつもりが、
まさかのバス満席。
やむを得ず、名古屋からのバスで新潟へ行くことにする。
そうしたら、連絡つかずに半ばあきらめていた、
三重県の電撃出産した友人のところに寄れることに。
三重は、大阪から名古屋に行く通り道だったので、
ありがたく寄らせてもらい、生後一ヶ月の神様みたいな赤ちゃんに癒される。
ベビーカーに手をあわせてるおばあちゃんの気持ち、なんとなくわかるなあ。
ありがたい存在よね、これ以上はなかなか清くはなれないぞ。

そして名古屋から新潟、新潟から佐渡汽船で佐渡島!
いえーい今年も帰ってきたよー!和太鼓芸能集団、鼓童のお祭り、アースセレブレーション
懐かしい顔もいっぱいで、すでに佐渡島ハイ。

しかーし一日目はまさかの暴風雨で、
ほぼ一日中、店テントを守ることに費やされる。
ひまなのに忙しい一日にぐったりして、半分以上の店が店じまい。
私はなんだかそれでも
閉めるタイミングを失って、一日中開けちゃったのだけど

「びしょびしょなんですが(ジュエリーが)、品質には支障ないので
よかったら見てくださいねー」

とか、ジュエリーのお店で言う事じゃないよなあ、と思い、
自分でおかしくなる。もうここまでくると笑うしかないのだ。

あわや一日目の夜、
城山公園〔丘の上のメイン会場)での鼓童のコンサート中止?と思いきや
強行突破でスタートそして雨ほぼあがる!
マーケット会場(佐渡汽船の港)のステージの鼓童のコンサートも
覗き見したら、しみじみすばらしい。

そうしたらあとはこっちのもんで、その後は天気は持ち直し、
次の日は、快晴!その次の日も晴れてくれて、
初日のばたばたは、あっという間に、遠い昔のことになってしまう。

と、いうわけで、あっという間の3日間のお祭り。

1日目のしみじみすばらしい鼓童をチラ見して、
やっぱり行きたくなったので、結局最終日の三日目の夕方、
ざばーーーっとおおざっぱに店を閉めて、コンサート行ってきますのお知らせを出し、
城山公園のコンサートに行ってしまった。

コンサートの始まる頃に丘の上のステージに駆け上り、
アンコールを客席一番後ろで聞いて、ほぼ終りそうな時にはもう坂を駆け下りてくる。

もう3日目の夜には針が振り切れている私。
この頃にはお客さんも出店者もなんだかハイになっている。

ああ、余韻ままならぬまに終った後、
地元のお友達の案内で、念願の、佐渡島の最北端、二ツ亀!
これは口をあんぐりの美しさだった。
着いた瞬間海に飛び込んでしまう。
d0132132_0365968.jpg


アースセレブレーション後のキャンプも終わり、
さあ帰ろうという午後、
地元のお客さんにばったり会って、
ちゃっかり車に乗せてもらって、
むちゃくちゃおいしいお寿司も行って、
砂金とり体験して、トキ(美しいのですほんと、涙が出ます)にも会えて、
ダッシュで濃い観光をさせてもらい、
さあ、船の時間が迫っているぞ!とダッシュで港へ。
ダッシュしすぎて、メインのリュックを送ってもらった車の中に忘れる(!)。

遠足は、お家に帰るまでが遠足ですよー、と言ってるそばから、
ビッグな忘れ物。
いやーこんなん小学生のときにいなかに行った新幹線にリュック忘れた以来。

結局、身軽に新潟港に到着。新潟で一泊させてもらうのに、
迎えに来てくれた友人に、例年より荷物が少なくてびっくりされる。
結局パジャマから次の日の服から全部彼女にお借りして、
忘れてきた大きなリュックは送っていただき、
私と同じ頃に、/ほぼ同時に東京に届いたのであった。

実は国内は、ほとんど旅をしていない。
東京生まれ、東京育ちのもやしっ子の私には、
なんてなんて刺激的な八月!

懐かしい顔に会えてうれしくて
新しい縁にもつながれてうれしくて。

ありがとうがいえる人も、事柄も、場所も増えるのはうれしい。
私の日本の夏のハイにおつきあいいただいた皆さま、
引き続きおつきあいをお願いします。

濃い日々すぎて、ああ、一度では伝えきれない!
のですが、長文なので、今日はここまで。

今週末9/7と9/8は、本駒込でYoyoギャラリー。

明日また改めてお知らせしますが
テンション高すぎるんじゃないかと懸念せず
にこにこの私に会いにきてください。
[PR]
by shantiriot | 2013-09-03 00:56 | 日々のつぶやきもろもろ

大丈夫です、元気です。

この前のブログは、ネパールのカトマンズで終わっているけど、
それから数ヶ月後、今日またカトマンズに帰ってきました。
ごぶさたしてしまいました、私は元気です。

去年の11月のネパールを経て、インドに戻り、
北インドのジャイプールから南インドのゴアに移動。
今回のゴアは、ジュエリーの制作とマーケットで大忙し。
大忙しのまっただなかに
年明け早々、
3週間で3回、家に泥棒に入られるという痛い目にあいました。

で、結果、コンピューターとカメラと、私物のリング12個がなくなって

大ショック!

そういうわけで、家でネットが使えない状態、
しかも近いインターネットカフェでは
コンピューターの日本語環境が悪くて、
ローマ字表記の日本語しか使えなくて、
今、何ヶ月ぶりかでやっと日本語でタイプしています。

痛いのは、今までのジュエリーの写真の多くが、
バックアップできていなかったということ。
これは本当に痛い。皆様、今年お会いできる機会が
あれば、ぜひ、すでにお持ちの私のジュエリーをお持ちください。
撮影させていただければと思います。

そう、カメラも盗られてしまったので、帰国したら早々買わなくちゃ。

痛いレッスン。でも健康なことに感謝。

とりあえず、元気の報告。
日本には、来月後半に帰る予定です。
お待ちくださいませーー。
[PR]
by shantiriot | 2013-05-15 23:17 | 日々のつぶやきもろもろ
毎回、日本を発つ時は、
「あっという間だったなあ」と思うけれど、
今回は、今までにも増して、
あっという暇もなく日本滞在の4か月が過ぎてしまった気がする。

という訳で、いつもながらのやっぱりバタバタで大騒ぎの
パッキングと旅立ち。

それはいつもながらだけど、年を重ねるにつれて
いっぱいたくさんの人にありがとう、という感謝の気持ちも増してくる。

こんな風来坊な人生が送れる、しかもけっこう楽しんでいる
という事を可能にしてくれた全てにありがとう。

ありがとうは、ありがとうで、感謝の気持ちにあふれて旅立ったのは本当。

しかし、すでに最初の自分落ち。、
今回気づいた、最大(であってほしい)の忘れ物。

私の大切な大切なMacちゃんのアダプターを、東京に忘れてきてしまった。

ああ。どんなに大事にしていても、今のところはMacちゃんは全く使えません。

東京から送ってもらうアダプター、早く無事に届きますように。

カトマンズは、乾燥でかなり埃っぽく、日に日に朝と夜が冷えていく。
それでも朝夕はかなりきれいにヒマラヤ山脈がくっきり。

よし、ヒマラヤも応援してくれていることだし、
あたしも忘れ物にめげずに
気を取り直してがんばらなくっちゃ。

と決める。

が、ヒマラヤはじめ写真UPはMacのアダプターが届いてからの話。

半年前からカトマンズ市内に住んでいる、
大学の同級生のおうちにお泊りにいく。
卒業以来会ってなかった友人は、
いつのまにか結婚して子どもを産んでいた。
9か月の天使のような彼女の息子に和み、
王宮広場を散歩して、
熱いシャワーにゆっくりはいる。
そういえばこんなに彼女とふたりだけで話したことってなかったよなあ。
お互い日本の外にいるからこそ会おうという話になったわけで、
カトマンズのおかげで、古くから知っている人との新しい関係が築けた気分。

よし、今月後半にはインド入り。
もろもろカトマンズ仕事スタート。
無事 もろもろまとまりますように。
[PR]
by shantiriot | 2012-11-07 02:12 | 日々のつぶやきもろもろ
週末の波よけキッチンの
「インドカフェ」も無事終了。

お越しくださった皆さま感謝です。
築地の商店街にちんまりとある
とても気の流れがいい明るいキッチンで
気持ちがいい週末でした。

「RIOのインドごはん話」イベントもふたをあけたら盛況。
参加者の方がインドカレーをつまむなか、
私がインドのご飯やインドやインド人について1時間くっちゃべる
というものだったのだけど、つたない話に耳を傾けてくださった
皆さま、ありがとうございました。

日曜の朝、築地に早く着いたので、
立派な門構えはいつも素通りしてばかりで
そういえば入ったことなかった築地本願寺、
ふらっとお参りしてから築地観光しようかしら、
と入ってみたら

中では東日本大震災の被災地の写真展をやっていた。
パネルに何枚も、被災地各地の写真。
何もかも 崩れさって折れ曲がって流されて折り重なってえぐられた
写真のオンパレードと、ところどころにある震災の新聞記事に
私は、思った以上に胸をえぐられてしまった。

震災の時は日本にいなくて、
テレビを見ていなくて、
写真も、正直ここまでたくさんいっぺんに見たのは初めてだった。

途中で、石巻の小学校のほとんどの生徒が助からなかった記事を読んでいた私に
写真展の主催者の年輩の男の人が声をかけてくれた。
福島から避難してきている人だとのこと、
私が明らかに写真で動揺しているのを見て、
そっとしておこうと思ったのか、また離れていった。

それからなんだか涙が止まらなくなってしまって、
私は、写真パネルの前で、嗚咽するくらい泣いてしまった。

写真展を後にするときに、主催者の方に
一言声をかけていこうと受付に寄る。
「すみません、私、震災の時に日本にいなかったもので、
こんなにたくさんの写真を一度に見たのは初めてで。。。」
と言ってるそばからまた泣く私。

「福島の、どちらからいらっしゃったんですか?」
「福島です、福島、プリフェクチャー(prefecture:県)」
「(泣きながら)日本語わかりますよ、だいじょうぶです」

私、インド人と思われたのかしら。
自分では普通の格好と思っても、
変わってると思われることにはもう慣れているけど、
今まで日本語で会話してたのに、ちょっとおかしかった。
泣き笑いする私に、ちょっと目を潤ませながらも、男性も照れくさそうに笑った。

表面はほぼ全てが日常に戻っている東京に、
違和感を感じるのは、わかって帰ってきて
実際そうだったけど、
そんな私のぬるい違和感をぶっとばすくらいの、写真展。

まだまだ、なんだなあ。
全部失って、がんばってる人がいる。
私も、ぬるい弱音はかず(特にはいてはいないのだけど)
いろいろがんばらなくっちゃね。

明日から谷中ボッサのでShanti Riotジュエリー展。
遊びにきてください。

d0132132_10242986.jpg


タイのバンコクのフラワーマーケットから。花がいっぱいあるとそれだけであがる。
たくさんの人が少しでも元気になりますように。
[PR]
by shantiriot | 2012-10-02 10:25 | 日々のつぶやきもろもろ

京都・鞍馬山

さかのぼって8月半ば、

兵庫 尼崎のcosmic love bazar の個展が終わって
大阪から佐渡へ出発する夜までの丸一日、

行ってきました、京都・鞍馬山!

関西の、ここはザ・パワースポットに行きたい!
という私のリクエストに、
西宮の友だちが
「じゃ、鞍馬行こう!」

ということで、尼崎から二時間、超超寝不足を
吹き飛ばすほどの、ほんとにザ・パワースポット。
d0132132_12164993.jpg



鞍馬は、日本で唯一
尊天 →全ての生命を生命たらしめる大いなる力
を崇めているのが面白い。
ヒーリングのひとつである、レイキの発祥地でもあるのだけど
レイキも、 great universeに感謝、がキーワードなのだ。
なるほどね。

ぶっとんだのは、パンフレットにさらっと
「ここは650万年前に サナート・クマーラという金星人が降り立った。」
という記載。どうして、とかそれかどうした、とか何にもない。

ここです。
d0132132_12172367.jpg


ありがたやーの神々しい木がたくさん。
d0132132_1217595.jpg

「こだま」がふわふわしてそう。

d0132132_12173811.jpg


ハグする木
d0132132_12175390.jpg


こんなところにガネーシャ(ヒンズー教の頭が象の神様)がいた。
d0132132_1218394.jpg



この日は終戦記念日。それにちなんだ鐘撞き(かねつき)も
行われていて、ひさしぶりに鐘をつかせていただいた。

しみじみくるメッセージ。
d0132132_12222887.jpg



鞍馬山の向こうの貴船神社。
珍しい楓と杉。二種類の木がこういうふうに共生しているのは
とても珍しいのだとか。
d0132132_12182655.jpg


大満喫の京都。
気分も新たに佐渡へ旅立てたのであった。
[PR]
by shantiriot | 2012-08-31 12:27 | 日々のつぶやきもろもろ
原宿から代々木公園までの道は
歩行者天国(って言わないんだな、車線規制?)
と化していて、

暑かった、熱かった!
何ができるかわからないけど、何かはしなくちゃ。
と思って行ってきた、
7.16 さよなら原発10万人集会 。

代々木公園を上から見た図はこんな感じ。

正しい報道ヘリの会 7.16 さよなら原発10万人集会 空撮写真

熱気もこのまんま!

私は、画家の井上ヤスミチがイチオシだというので、つちっくれというバンドのデモカーについて歩く。
カメラ忘れちゃった、残念!
いやー熱かった、暑かった。

こんなに人がいる代々木公園は、見たことがない。
脱・原発の、脱、の後の代替エネルギーをどうするか
という、大きい課題はあるけどさ、
もう、原発賛成の安全神話はとっくに崩壊してる。
脱しないと次に行けないよ。

主催者側発表17万人、警察で7万5千人。

正直いって、私には、一万人という感覚がどういうものかわからないので、
「いっぱい」の次は→「これはほんとにいっぱい!」
くらいのレベルだけど、

ほんとにすごい人だった。

まだまだ、これから。
[PR]
by shantiriot | 2012-07-17 08:42 | 日々のつぶやきもろもろ

大飯原発再稼働

大飯原発再稼働のニュースが、やるせない。

「私の責任で」と言った首相の無責任さにあきれる。

最悪の事態になったら
もしもし誰かが責任をとりたくても、
誰かがとりきれる責任ではない。

もう、私たちの孫の孫の孫の。。。。。。ずううううっっと先まで
続く大きく負債をおってしまったのは明らかで、
どんなに誰が何をがんばっても、

起こってしまったことはもう起こってしまった。

時間はもどせない。

これほど、自分の国に、あほか、と憤りを感じたことはない。

7・16は代々木公園の「さようなら原発10万人集会」へ!

sayonara-nukes.org

何ができるかな、何かしなくちゃ。

と切実に思う。
[PR]
by shantiriot | 2012-07-04 13:32 | 日々のつぶやきもろもろ

アースガーデン終了!

週末のアースガーデンに来ていただいた皆さま
ありがとうございました。

二年ぶりというのに、
しかもろくろくブログも更新せず、
いきなり戻ってきたのにも関わらず、
覚えていてくれてわざわざ来てくださったお客さま
大感謝感謝感謝です。

帰国して一週間もしないうちの出店で、
本当にばたばたの準備ですが
なんとか無事に終えることができました!

南国から帰ってきた私には
(タイの前のネパールもけっこう暑かった!)
なかなかの気温の低さで
さっそく風邪をひきはじめてしまったものの
ホメオパスの友人に相談して試したレメディが
ばっちり効いて、復活。

当日は帰国するといつも手伝ってくれる友人が
大活躍で、どうにかこうにか乗り切ることができました。
懐かしい顔にもいっぱい会えて、
ああ、帰ってきたんだなあ日本、としみじみ。

雨の中の撤収だけは本当に勘弁してほしい!
撤収中も、その後のかたづけも、大変さ倍増。
ま、終了時間間近に本降りになった、ということでよしとしよう。

ただいま日本!
さあ、夏!って今日も雨っぽいなあ。

d0132132_12385746.jpg

グリーンべリルとアクアマリンの原石のペンダント。
2つの石、どっちも原石の形そのまま、加工してません。
ぴったりマッチするペアを見つけたときは、
自画自賛!問題は、二つ目が作れないこと、なんだけど。
[PR]
by shantiriot | 2012-07-02 12:41 | 日々のつぶやきもろもろ
バンコクでの楽しい日々があっという間にすぎ、
ぼちぼち日本に帰る日が近づいてきた。

バンコクには結局二週間あまり滞在。

こんなに長くいるつもりはなかったのだけど
カトマンズ一ヶ月の仕事、特にラストスパートでぐったりだった私に

安くてうまいご飯と
安くてうまいマッサージは
もうこれは自分へのご褒美とばかり

大満喫。

友達がたまたまバンコクに来ていたり、
面白い出会いがあったり、
しかもEU映画祭開催中で、映画三昧したり、

大満喫。

電車で二時間あまりの世界遺産、アユタヤにも二三日行った。

大満喫。

バンコクから電車でマレーシアのペナン島に下る。
タイの電車は快適なのでよく知られている。
17年ぶりのタイでの電車!と楽しみにしていたら
なんと前の列車が脱線事故で、4時間遅れて出発。
そして電車はタイマレーシアの国境までしか行かず、
そこからバスに乗り換えるはめに。
なるべくなるべく私の重い荷物は持たないようにと思っていたが、
そんな思惑をよそに、結局自分で全部運ぶはめに。
だって乗り換えなきゃいけないんだもん。


しかし、国境に着いたら、既にバスは待機。
すいすいペナンまで行けて、マレーシアのオーガナイズぶりにびっくり。
これがインドで前の列車に脱線事故とか起こったら、
見切り発車して、なーんにもないところで止まって、
来る見込みのないバスを延々待ったりするんだろうなあ。
マレーシア、ちゃんとしてる。

8ヶ月ぶりのペナン島、今回も国立公園のジャングル満喫。
誰も来ない小さな谷を見つけて、
水浴びして、本読んで、お弁当食べて、お昼寝して、瞑想して、

大満喫。

ちなみにこの国立公園、中には売店ひとつありません。
すばらしい。ずっとこの状態が続いてほしいなあ。

で、ペナン島からクアラルンプールの空港直行。
羽田行きのフライトを待っているところ。
ほぼ二年ぶりの日本!緊張なのだ。

6月30日と7月1日の週末の
代々木公園のアースガーデンで仕事始めの予定。
帰ったら即大忙し!
無事に日本にスムーズに着地できますように!


何故か写真がアップできません。とりあえずテキストだけアップ。
よし、もうすぐフライトだ。

インド、ネパール、バリ、イギリス、タイ、マレーシア
たくさんの出会いとコネクションに感謝。
さあ、日本!
[PR]
by shantiriot | 2012-06-24 13:51 | 日々のつぶやきもろもろ

カトマンズ終了!



ネパールでの一ヶ月はあっという間にすぎた。
カトマンズ市内の一日10時間の停電は、
去年来た時よりも、人々は慣れている様子。
充電式のバッテリーを持っている人も多い。
それでも、たかが一枚コピーをするだけで、
一時間以上も歩き回ったりすることも。
いつまで続くんだかな。

d0132132_1924419.jpg

今年は、カトマンズ郊外の、山のふもとの村、
ナガルコットに数日行ってきた。
雨がち曇りがちで、もう一ヶ月ヒマラヤが見えないよ、
と地元の人はいうものの、
それでもバルコニーから見える景色がこれというのは悪くない。
3年ぶりのナガルコット、
埃もうもうのカトマンズがいっぱいいっぱいになっている時に、
ベストな、近場のチョイスであった。満点の星空とかね、
カトマンズでは難しい。

カトマンズは、とても豊かな文化を持った都市なのだけど
何しろ空気が悪いので、
長くいると疲れてしまうのだ。
盆地であるがゆえ、
たまった埃がどこにも逃げられないのだ。
それでも、そこここにある寺や、ごちゃごちゃした裏道は、
とてもカトマンズらしく、
私は、インドの首都デリーとはまたちがった混沌とした感じが
好きなのだけど、どうも長くいすぎると疲れてきて、
ネパール全体を斜めに見るようになってしまうので、
それを防ぐためにも、
ちょっといい空気のところに数日エスケープというのは
よい選択であった。

d0132132_1920307.jpg

世界遺産である、chang narayan temple.
四世紀に建築されたというこの寺、山の裾野の一番端っこの、
村全体を見下ろすような、いかにもパワースポット!という場所に建っている。じゃじゃん。

d0132132_1949593.jpg

シヴァ神の乗り物である、牛、nandi bullが3頭も。
シヴァをお奉りしている寺の門をこうしてお守りしているのだ。

そこまで2時間半くらいハイキングして行った。
d0132132_19443323.jpg

トレッキングとも呼べない、お散歩コース。緑が少ないカトマンズのあとは、
いちいち緑が目にしみる。

で、私が来るこの時期、毎年ネパールは
新しい憲法を改定するタイムリミットを迎える。
毎年タイムリミットを迎える、というのもおかしな話だけど、
もうここ四年くらい、毎年この時期はタイムリミット。
政治事情は、全部説明するのはとても複雑なのだけど、
要するに、自分の要求をとりいれてほしいグループが
多すぎるのだ。

それで、ゴリ押しで憲法改定するタイムリミットが近づくとどうなるかというと
各グループがストライキを主張。
全国の交通が全てストップ、店も軒並み閉まる。
そこをむりやりバイクでも運転しようものなら
攻撃されてタイヤを燃やされても何も言えないのだ。

そういう日が数日あって、
今年は私の誕生日もストライキ。
どこに行けるわけでも(交通ストップ)なく、
素敵なレストランも開いてなく、
これはこれであきらめがついて、よいといえばよかった。

私の誕生日がストライキなんてかわいいもんで、
ネパール西部では、ストライキが3週間も続いて
医療にアクセスできない人が亡くなっている始末。

そして5月27日、憲法改定は今年もままならず。
6ヶ月後に再選挙らしい。この国の平和は遠いなあ。

とにかく私が出発する日は、ストライキにならずにすんだ。
前日の夜、仕事が諸々終わったのはほぼ12時近く。
それでも全部はできあがらずに、次の日の朝7時に出発だったのだけど、
タクシーが出る10分前に最後のピースをうけとり、
まだ会計をうだうだやっている。もう毎回これは勘弁してくれ!
と、確か前回も言ったよなあ。

今回は(も)いろいろあったが、
できることはやった。
というわけで、今シーズンのプロダクション、全て終了!
いいものができたのでは、と思う。

d0132132_19541180.jpg

ルビーのまわりを小鳥が飛んでる、ハッピーリングなり。

さあ、タイランドへ!日本も近いなあ。
[PR]
by shantiriot | 2012-05-31 19:56 | 日々のつぶやきもろもろ

RIO :天然石とシルバーの一点もの中心のジュエリーブランドShanti Riotのデザイナー。インドネパールを中心に旅しつつ制作しつつ、まったりとエキサイティングな日々を送っています。Home is where your heart is.


by shantiriot
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31