後ろ髪ひかれる出発。とにかくカトマンズ到着!

毎年恒例の、怒涛のパッキングもどうにかこうにかすませて日本出発、カトマンズに着いてます。

いつも出発前は、整理整頓の苦手意識がすごすぎて、

荷造りをしなければならないシチュエーションに

パブロフの犬のように緊張してしまうのがネックかなと。

でも、今年は、私の尊敬するインド占星術師のけいこさんの名言

「りおちゃんだいじょうぶよ、あなたが何か忘れても、誰も死なないから」

を胸に格闘して、まあまあの余裕でパッキングを終えることができた。

毎年この時期妄想することに、

「寝てる間に小さい私がパッキングをすませてくれる」と

「スモールライトで荷物全てちっちゃくしてしまう。ついでにどこでもドアで出発する。

スモールライトがないと、大きなどこでもドアを持ち歩かなきゃいけないから、スモールライトはどこでもドアとはセットよね云々」

というのがあるんだけど、これくらいの妄想は誰にも迷惑かけないのでよしとする。


今回は、鳥取に3日間寄り道をして、関西空港から飛んだ。

鳥取に住んでいる大切な大切な友人が、大きな病と闘ってるので、応援しに行ってきた。

もともと日本出発予定が例年より遅かったので、

この寄り道でカトマンズの仕事がちょっと遅れてしまうんだけど、

何しろよかったなと思うのは、私のボスは私なので、

いろんな遅れの責任は全部自分でどうにか調整がきく、ということ。

会いたい人に、ちょっと無理をしても会いにいけるという仕事でよかった。

9月にも鳥取に会いに行ってきて、今年はその時だけ、のつもりでいたんだけど

最近の検査の結果がイマイチだというのを聞いて、考えた末に会ってくることにした。

彼女はとても喜んでくれた。本当に本当に会いに行けてよかった。

応援しにいくつもりが、逆に私が応援された。

体力は落ちているといえど、体の状態からは考えられないほどのアクティブさだった。

すっかりやせてしまった彼女の目力に、ものすごいエネルギーをもらった。

生きようとする人間の底力ってすごい。光は、ほんとに眼に宿るんだよ。

何もしてあげられない自分の不甲斐なさに泣けてくる、

かつてない後ろ髪ひかれる出発だったけど、行けなかったらもっと後ろ髪ひかれてた。

彼女の病気ストーリーが大きくなるのに反比例して、

私の抱える「いろいろ大変なこと」は、全て些細なことになった。

まだ小さい娘をはじめ、あなたを愛しているたくさんの人のためにも、

冬本番、乗り切るんだよー。私もがんばる。


出発してから切なくなって、彼女に感情高ぶるメッセージを送ったら、

「ドライヤーどこ置いた?」とレスがきた。

そうなのよ、どんな闘病モードでも、日々の雑雑は続くんだ。

子どもがドライヤー隠したり、ご飯食べてくれなかったり、ところかまわず漏らしたりする。脳天気でやかましい子どもが光だなとつくづく思うのは、私が「たまに会う親戚のおばちゃん」みたいなもんだから言えることで、親は待ったなしで日常にもどされる毎日なのだ。


みなさんもよかったら、どうか鳥取県八頭(やず)のあやに、愛を送ってください。

「何だかまだ死ぬ気がしない」そうだ。その調子で頼むよ。


大阪からの、関西空港行きのバスに、トイレに行っていて乗り遅れ、

でも荷物だけはバスに乗って行っちゃって、私は次のバスで行くことになるという、

ある意味想定内の、自分っぽいエピソードに苦笑していたら、

空港に着いてみたら超混んでいて、余裕を持って鳥取を出たはずが

結局、フライトの最終搭乗案内で滑り込みセーフで乗る、ということに。

滑り込みセーフでもなんでも、乗れたのです。

相変わらずドタバタネタはつきませんが、とにかく私は元気です。


日本シーズン2017でおつきあいいただいた皆さま、

今年もドタバタを温かく見守っていただき、本当にありがとうございました。

私はつくづく周りの人に恵まれてるなと思います。感謝を胸に精進します。


さあネパール!インドは2週間後。

d0132132_13081881.jpg


d0132132_13002810.jpg
初めて行った鳥取砂丘。想像以上にでっかかった。ぱーんと開けた場所に行くと、

ちまちました東京で育った私は、いつも「広い」というだけで興奮する。
ネパールは海なし国なので、海は来月のゴアまでお預け。


[PR]
by shantiriot | 2017-11-16 13:23 | 日々のつぶやきもろもろ

RIO :天然石とシルバーの一点もの中心のジュエリーブランドShanti Riotのデザイナー。インドネパールを中心に旅しつつ制作しつつ、まったりとエキサイティングな日々を送っています。Home is where your heart is.


by shantiriot
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31