プシュカルでの休日

日曜の夕方に、ジャイプールからバスで3時間半離れたプシュカルに到着。ジャイプールの埃と石マーケットに疲れて、緑が懐かしくなると、ちょうどいい距離。聖なる湖に、週末になるとインド中から巡礼の人が訪れる、ヒンズー教の聖地。

ジャイプールの部屋のパッキングが終わらないので、
部屋はキープして、とにかくジャイプールが出たくて、
3日だけプシュカルに行くことにした。

d0132132_14383871.jpg

プシュカの湖。一年半前に湖の底を掃除するという名目で
すっからかんにされて、
観光名所が商売あがったりだったけど、
今年のモンスーンでやっと水がもどってきた。
ガンジス川の聖地、バラナシを、ちょっと清潔にしたふう。
というと語弊があるけど。この日は満月でおまけに冬至で
湖のそばにいるのは気持ちよかった。

会いたいなあ、いるかなあ、と思った友達に、
湖のほとりでばったり。彼女はインドが長くて、
エンフィールドというインドのどでかいバイクで
旅をしている。孔雀の羽が欲しいと言ったら
プシュカルから8km離れた村に連れていってくれた。
最初はないと言われたんだけど、
村に唯一の商店の小さい男の子が、自分で拾い集めた孔雀の羽を持ってきてくれた。10ルピーでいいと言われたけど20ルピーあげる。孔雀の羽は、貧しい村では女性の唯一の収入源。

昼間は日光のあたるところだとぽかぽか暖かい。
さすが砂漠、夜との温度差は大きく、寒くなるのだけど
ま、東京の秋、ですな。

で、いいかげんジャイプール長くなってきたので、
脱出決定。
明日の朝、ジャイプールからゴア行きの電車にのります。
ゴアには土曜の昼過ぎ到着予定。27時間(or more)の列車の旅。
そうか、クリスマスなんだ。
すっかりインドにいるとどうでもよくなっちゃうんだけど
皆さん、よいクリスマスを。



孔雀の羽を持ってきた男の子。
となりのおじさんたちは、典型的なラジャスタン州の田舎の男性のかっこう。
ターバンの巻き方が年期はいってて、かっこいいよなあと思う。
かっこいいとかいうと誤解されるので言わないけど。
d0132132_14342999.jpg



泊ったゲストハウス。宿のおじさんがすてきな人で、
毎朝このように花でデコレーションをする。
ちなみにプシュカル、インドで唯一、薔薇が栽培されている。
(この唯一というのは、商店の親父が言ってたのだけど、あやしいと思うのだが)
化粧水は、いつもプシュカルのローズウォーター。
チープ&ベスト。薔薇の香にうっとりする。
d0132132_14361234.jpg

[PR]
by shantiriot | 2010-12-23 14:40 | 日々のつぶやきもろもろ

RIO :天然石とシルバーの一点もの中心のジュエリーブランドShanti Riotのデザイナー。インドネパールを中心に旅しつつ制作しつつ、まったりとエキサイティングな日々を送っています。Home is where your heart is.


by shantiriot
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31