ディスコ!ディスコ!ジャイプールの週末

「りお、土曜の夜ディスコ行こう!」

スコットランド人のアダムは、最初にジャイプールに来た時からの友人。
まだ20代にして、超パワフルに世界中を旅しては、
いろんな石の原石を実際に掘りだしてきては、ジャイプールまで担いできて、けっこうな量の石とジュエリーをがんがんプロデュースするなかなかのやり手。
すぐに誰とでも仲良くなってしまう超前向きキャラクター。
彼がいるとまわりの空気がぱあっと明るくなる。

ジャイプールは、ほんとに仕事モードなので、
インド、そしてジャイプールでこてこてのディスコなんて、
「行こう行こう行こう!」という言い出しっぺがいなければ、
なかなか行かない。
二年前に、やっぱり盛り上がったアダムを筆頭に
10人くらいでおしかけてむちゃくちゃ楽しかったので、
今年も6人で出かける。うちスコットランド人男子二人。
もちろんキルトスカート着用。
スコットランド人男子はみんなこれを持って旅をするんだそう。ほんとかいな。

カップルでしか入れない地下のディスコ。
二人で1200RSの入場料(二千円強)。
決して安くはない。

クラブじゃないのよ、
ダンスフロアの下からの照明キラキラのディスコティーーックよ。
コテコテの80年代風のダンスミュージックは
正直かなりスタイリッシュじゃないんだけど、
もうそんなことは
どうでもいいのだ。

おめかししてるっぽいインド人のカップルの動向とかウォッチするのも面白い。
体にフィットした超ミニスカートにヒールのサンダルのインド人女性なんて
外ではなかなか見ない。
どういういきさつでか入ってしまった
地味なサリー姿の女の子がびっくりしていた。

途中からヒンズーポップも加わって、
キルトスカートも舞い踊るなかなかの盛り上がりであった。
ヒンズーポップは、インドポップ。ヒンズー語。
ほぼボリウッドムービー音楽である。
素直に熱いラブソングだらけなのだけど、底なしに明るいノリなので
うだうだいわずに「いろいろなんとかなる」と
思わせてくれるので私大好きなのだ。

二時でおとなしくクローズ。十分おなかいっぱいです、はい。

日曜は一歩も宿から出なかった。
へんな時間にお昼寝したために起きたら夜九時半。
おかげで寝たのは3時半。へんなタイムスケジュールになってるわ、いかんいかん。

今日は月曜。
デワリも終わり、マーケットオープン。
私のお仕事もオープン。
ジャイプール、快晴。
[PR]
by shantiriot | 2010-11-08 15:10 | 日々のつぶやきもろもろ

RIO :天然石とシルバーの一点もの中心のジュエリーブランドShanti Riotのデザイナー。インドネパールを中心に旅しつつ制作しつつ、まったりとエキサイティングな日々を送っています。Home is where your heart is.


by shantiriot
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31